米原発作業員も呆れ顔、東芝がハマったWHの泥沼

「2か月間、ただ座っているだけで給料がもらえた」

 3月29日、東芝の米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)が米連邦破産法11条(チャプター11)の適用を申請した。債務保証の履行などによって、2017年3月の東芝の連結最終赤字は1兆100億円に拡大する見通しだ。2009年3月期に7873億円の最終赤字を出した日立製作所を上回る、製造業で史上最大の赤字額である。名門、東芝を債務超過にまで追い込んだ米原発建設の底なし沼。建設にかかわった作業員はどう見ているのか。現場の声を聞いた。

(ニューヨーク支局 篠原匡、長野光)=敬称略

WHが建設を手がけるボーグル原発(ジョージア州)の全景
ジョージア州ウェインズボロにあるボーグル原発。右側の2機が建設中の3号機と4号機。チャプター11(米連邦破産法11条)の適用を申請した直後の3月29日に訪ねたが、建設工事はちゃんと続いていた。もともとの完成時期は3号機が2016年、4号機が2017年だが、着工から4年が経過した現在も3割程度しか完成していない。発注者は米電力会社サザン・カンパニー。(写真:篠原匡)

「間違った会社が工事を始めた」

 ウエスチングハウスは「航空機の衝突などに備えた設計変更や許認可の遅れが、工事が遅れている原因」(※参考 2017年3月13日配信記事「東芝存続には、WHの“破産”以外に道はない」)と日経ビジネスの記者に述べているが、現場に出入りしている作業員は、それだけではないと語る。

 例えば、2011~14年の3年間ボーグル原発で働いていたジョーンズ(本人の希望で仮名)は「間違った会社が工事を始めた」と語り、工事を請け負っていた原発のエンジニアリング会社、米CB&Iストーン・アンド・ウェブスター(S&W、2015年12月にWHが、米CB&Iから買収した企業。底なし沼となった原発建設の元凶。※参考 2016年12月28日配信記事「東芝、原発事業で陥った新たな泥沼」)を批判した。

東芝の綱川智社長は3月29日の会見で、米子会社ウエスチングハウス(WH)の米連邦破産法11条(チャプター11)の適用申請について説明した。同時に、東芝の2017年3月期の連結最終損益が1兆100億円の赤字となる可能性も発表した。ウエスチングハウスがチャプター11の適用を申請したことで足元の出血は止まるが、工事の進捗次第ではさらなる損失もあり得る(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

バックナンバー

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューを投稿する読者レビュー

この記事は参考になりましたか?

この記事をお薦めしますか?

レビューを送信

コメントを書く コメント18件

コメント入力フォームへ