• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

ニュースを斬る スクープ:日本郵政、巨額減損処理へ

レビュー

とても参考になった
 

56%

まあ参考になった
 

32%

参考にならなかった
 

10%

ぜひ読むべき
 

48%

読んだほうがよい
 

30%

どちらでもよい
 

20%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

日本企業が、海外企業を買収して、成功した話はあまり聞いたことがない。根本的に、海外企業に事業評価と事後の経営の仕方について問題があるのではないだろうか?要は自分の金を投資するという意識を経営者が持たないと、あなた任せで、看板だけの外部専門家に依頼しておけば、失敗しても株主に申し開きができるという、経営者の意識に問題があり、そのような人材しか経営者として選べない貧困さを悲しく思う。東芝の例もしか理である。(2017/04/23 15:56)

東芝のWH買収について、WHの経営陣に東芝の人間が入っていないと言う記事を読んだことがある。日本企業が欧米企業を買収した後、企業統治がどうなっていたのか掘り下げた分析が必要と思う。「著名・規模大きい・優良企業」で買収し、経営は買収先の経営陣に任せていたでは、今後もいくらでも発生するのではないか。(2017/04/23 10:52)

日本郵政には確か東芝のDNAがはいっていますよね。海外に弱いジェネレーションの決断の結果とも考えられるのではないでしょうか。(2017/04/21 22:24)

社員が1円の節約を迫られて泣く思いで作った資金を外国に投資して溶かすのは
もはや日本企業のお家芸といっていいかと思います。
最近に始まったものでなく、ロックフェラーセンターの買収や、南米の飲料事業
など、いったい海外買収で成功した例って、どっかにあるのというぐらい死屍累々
数千億で買った物を数億で売るような馬鹿な真似するぐらいなら、その分社員の
給料を上げるか、国内に投資した方が遥かに賢明だと思いますね
海外M&Aなんて、派手な事がしたい社長のおもちゃとしか思えません。(2017/04/21 07:57)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授