• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

三菱自動車、燃費不正で3度目の危機へ

燃費を5~10%水増し、日産も対象車種の販売停止

2016年4月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

4月20日夕方に国土交通省で開かれた記者会見。中央が三菱自動車の相川哲郎社長
 

 三菱自動車が、不祥事によって再び危機的な状況に追い込まれた。

 4月20日、燃費試験のデータについて、燃費を実際よりもよく見せるために社内で不正な操作があったことを発表した。走行試験で得た「走行抵抗値(走行時のタイヤなどの転がり抵抗や空気抵抗)」のうち、小さい数字を意図的に国土交通省に提出し、燃費や排ガスを計測していた。それにより、カタログ上の燃費が5~10%水増しされた。

 不正が明らかになったのは4車種。そのうち三菱自動車の「eKワゴン」と「eKスペース」はこれまで累計で15万7000台を販売。日産自動車に供給している「デイズ」と「デイズルークス」は46万8000台が該当する。いずれも両社の軽自動車のラインナップの主力で、2015年度の販売台数は三菱自動車の「eK」シリーズが4万3297台、日産の「デイズ」シリーズが14万413台となっている。

燃費の不正が明らかになった三菱自動車の「eKワゴン」

 該当車種について、既に水島製作所(岡山県倉敷市)での生産と販売をストップしている。日産の販売店でも20日から対象となる軽自動車の販売を停止しており、同社のホームページからも姿を消している。「デイズ」は2015年度の軽自動車の販売台数ランキングで3位に入る人気車種だが、日産は当面の間、販売できなくなる。

 三菱自動車は今回の数値の不正について、「第一性能実験部」が関与したとしている。どのレベルの担当者が関与していたかを調査している最中で、外部の有識者のみによる委員会を設置し、不正に至った経緯や全貌を解明していく。

 不正の発覚は、軽自動車事業で提携している日産自動車からの指摘がきっかけだった。日産が昨年11月、三菱自動車が開発した軽自動車の燃費を試験したところ、走行抵抗値が国交省に提出されていた数値と明らかな開きがあった。今年2月に両社で調査を始め、4月に不正が判明した。

コメント13件コメント/レビュー

あの社長を選ぶ経営体質では、同じことを繰り返すでしょうね。体質というやつはなかなか替えることが出来ない。大企業だから生き残るでしょうけど。直接の原因は技術力の無さ。各社多様で困難な要求を満たすためしのぎを削っている。エンジニアには相当な負荷がかかっているだろうけど、到達できなかったときギブアップするか嘘をつくか?嘘をつかせる体質は、変われない。(2016/04/22 00:58)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「三菱自動車、燃費不正で3度目の危機へ」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

熊野 信一郎

熊野 信一郎(くまの・しんいちろう)

日経ビジネス記者

1998年日経BP社入社。日経ビジネス編集部に配属され製造業や流通業などを担当。2007年より日経ビジネス香港支局に異動、アジアや中国に関連する企画を手がける。2011年11月に東京の編集部に戻る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

あの社長を選ぶ経営体質では、同じことを繰り返すでしょうね。体質というやつはなかなか替えることが出来ない。大企業だから生き残るでしょうけど。直接の原因は技術力の無さ。各社多様で困難な要求を満たすためしのぎを削っている。エンジニアには相当な負荷がかかっているだろうけど、到達できなかったときギブアップするか嘘をつくか?嘘をつかせる体質は、変われない。(2016/04/22 00:58)

度重なる確信犯的行為です。この様な事案は企業の存在自体に価値がないという事です。三菱自工は直ちに会社解散し、一切車は作らないと宣言すべきです。この会社が今日本からなくなっても他の自動車会社で十分日本の自動車産業は成り立ちます。トップ以下過去の失敗を繰り返した訳ですから。電気産業でも、三洋、シャープ、東芝と淘汰が進みました。自動車もこれを機に淘汰されるべきです。三菱に次はもうありません。(2016/04/21 20:20)

社内や販社の人間も多くが裏切られたに違いないだろうが、それよりももっと大問題なのは、消費者を騙して購入させたということだ。車を購入するにあたり燃費という要素は大きい。
これは犯罪ではないのですか?(2016/04/21 16:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長