• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新型iPhone、世界で品薄のワケ

アップルは減収、部品不足で期待の新商品は“玉不足”

2016年5月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルが今年3月末に発売した新型スマートフォン「iPhone SE」が世界的に供給不足となっている。スマホの大画面化を敬遠する消費者の需要をつかみ、アップルの想定以上に売れている。ただ、部品メーカーの在庫不足も“玉不足”の一因だ。

 「想定以上の品薄。64GBモデルは今予約しても1カ月待ちです」

 4月28日、都内にあるビックカメラの携帯電話売り場。賑わいを見せる店頭の様子と反して、販売員は複雑そうな表情でこう話す。

米アップルが3月末に発売した「iPhone SE」(中央)は画面サイズが4インチ。既存モデルの「iPhone 6s」(左、4.7インチ)、「iPhone 6sプラス」(右、5.5インチ)と比べると小型で、端末価格も安いので世界中で需要が伸びている(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 3月31日に発売した米アップルの新型スマートフォン「iPhone SE」が、想定以上の売れ行きを見せている。「前回のiPhone 6sと比べて、入荷量に数倍の開きがあるくらい少ない」(前出の販売員)と言い、発売から1カ月がたった今でも入手しにくい状況だ。同店舗だけではない。都内の別の販売店でも、「SEの入荷は1週間に1度あるかないか。1度の入荷数も2〜3台だけ。顧客の手に渡るのに最低でも4週間かかってしまう」と話す。

小型化好む消費者をつかむ

 SEは2世代前の主力モデル「iPhone 5s」と同じ4インチの小型画面を採用。基本機能は最新の6sに劣らないが、メーカー希望小売価格は16GBモデルで税別4万7800円と、6sに比べ約3万円も安い。

 アップル側は当初、計1000万台前後の販売を計画していたと見られる。年2億台超を販売する同社にとっては1割にも満たない数字だ。しかし、蓋を開けてみればスマホの大画面化や高価格化を敬遠する消費者の需要をつかみ、想定を超える売れ行きを記録している。品薄傾向は日本だけではない。米国や中国の地元メディアによると、家電量販店や小売店で在庫がおおむねなくなっており、入荷待ちの状態が続いているようだ。

 なぜここまで品薄状態となっているのか。

コメント4

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「新型iPhone、世界で品薄のワケ」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

藤村 広平

藤村 広平(ふじむら・こうへい)

日経ビジネス記者

早稲田大学国際教養学部卒業、日本経済新聞社に入社。整理部勤務、総合商社インド拠点でのインターン研修などを経て、企業報道部で自動車業界を担当。2016年春から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員