カルビー松本会長、RIZAPグループ入りを語る

RIZAPの「わからなさ」にワクワクする

 カルビーの松本晃会長兼CEO(最高経営責任者)が、6月24日付でRIZAPグループの代表取締役COOに就任する。伊藤忠商事を経て、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の日本法人社長やカルビーの社長・会長を経験した日本を代表するプロ経営者は、なぜ異色企業のRIZAPを選んだのか。

カルビーの会長退任を発表してから、多くの会社からオファーが来たのではないでしょうか。

松本晃会長兼CEO(以下、松本):16か17社ほどから話を頂きました。そのうちの半分は社外取締役や顧問の話で、残りがフルタイムに近いものでした。ただ私に来る話は、外資系の医療関係の会社が多かった。正直言うと、外資系の待遇はいいですけど、しんどいですね。特に時差です。J&Jのときも、就任期間の後半は、米国の担当者には『用事があるなら、日本に来てほしい』とお願いしていました。

カルビーの決算会見で、今後について聞いた際、「ワクワクする会社に行きたい」と仰っていました。数多くの会社からオファーが来ていた中で、RIZAPのどういったところにワクワクを感じたのでしょうか。

松本:もともとRIZAPについてはTVCMしか知らなかったです。ですが、どういった事業をやっているか聞いてみたら、色んな業種の会社を買収している。買収の1つ1つに脈絡があるかどうかはわかりません。ですが、私はそのわからないことが面白いと思いました。

バックナンバー

著者プロフィール

長江 優子

長江 優子

日経ビジネス記者

2012年中日新聞に入社し、事件取材などを担当。14年秋に日本経済新聞社に入社し、機械業界などを担当。17年4月から日経ビジネス編集部に出向。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

33%

まあ参考になった
 

58%

参考にならなかった
 

8%

ぜひ読むべき
 

45%

読んだほうがよい
 

27%

どちらでもよい
 

27%

いただいたコメントコメント0件

コメントを書く