• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

英国がEU離脱しても、世界経済への影響は限定的

国際政治や外交への影響は大きいが

  • 塚崎 公義(久留米大学商学部教授)

バックナンバー

2016年6月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英国のEU(欧州連合)離脱で、金融市場は大荒れとなった。世界経済や日本経済についての識者の見通しも悲観的なものが多い。しかし筆者は、国際政治や外交面への影響はともかく、世界経済への影響は限定的なものになると考えている。
EUからの離脱が決まり、辞意を表明するキャメロン英首相。金融市場は敏感に反応し大荒れとなった。(写真:AP/アフロ)

英国のEU離脱で騒ぎすぎる市場

 英国のEU(欧州連合)離脱が決まり、金融市場は大荒れである。世論調査からもブックメーカーのオッズ(賭けが的中した場合の倍率)からも、離脱の可能性は決して低くないと考えられていたが、金融市場は「それでも最後は英国民の理性が勝つだろう」と考えていたようである。

 そこに「予想外の大事件」が起こり、金融市場が大きく動いたのである。しかし、冷静に考えて、英国がEUを離脱することがそれほど重大なことだろうか? 「リーマン・ショックに匹敵する危機」といった見解もあるが、本当に世界経済や日本経済は大混乱するだろうか? 確かに国際政治や外交の面では様々なことが起こり得るのかもしれない。それはともかくとして、経済面への影響に関しては筆者には限定的なものであるように思われる。

EUは英国に多くの恩恵を与えていたのか

 そもそもEUは、英国経済に対しそれほど多くの恩恵を与えていたのか? かつて英国がEU(の前身)に加入した時、経済面で劇的な改善がもたらされたのか? 確かに人や物の移動が便利になったことで、多少のメリットはあったはずだが、離脱した途端、世界不況をもたらすほどの膨大な恩恵があったのかというと、筆者はそうは思っていない。

 過去に「自由貿易協定」が締結された事例を調べてみると、爆発的なメリットが生じたという話は、少なくとも先進国では聞いたことがない。「自由貿易協定」のたぐいが大きな効果をもたらすのであれば、世界中が自由貿易協定締結の機運で満ちているはずであるが、実際にはそうなっていない。冷静に考えれば、英国にとってはEUのメリットはさほど大きくないので、離脱の打撃もそれほど大きくないはずである。大騒ぎをするようなものではないのである。

 今後、注目していくべきことは、英国とEUの間で新たな協定が締結されるはずだということである。仮に英国とEU諸国との関係が全く切れてしまうとすれば、影響は大きいかもしれないが、言うまでもなくそんなことはあり得ない。経済的に密接な関係は続くだろう。今回、英国人の多くが問題としたのは、英国に自由に人(移民)が流入することであって、自由な貿易ではないのである。仮に「相互の人の往来は制限的に認め、相互の物の往来は自由のままとする」といった協定が締結されれば、欧州経済にも世界経済にもほとんど何も影響が生じないかもしれない。

 なお本稿では、今後、英国とEU間の物の往来にも、ある程度の制限が設けられると仮定して考えて行くこととしたい。もしEUが制限について柔軟に対応すると、加盟国間に不公平感が生まれてしまうはずだからだ。

コメント2件コメント/レビュー

 やっとまともな人の意見を聞けた。悲観論が多いのは、マスコミが読者の取り込みを図っているからに他ならない。大丈夫だと言ったら記事にはならないから。最近、こういったマスコミ被害が多いような気がする。もうちょっと冷静に報道や論評する人が増えてくることを望む。(2016/06/28 17:43)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 やっとまともな人の意見を聞けた。悲観論が多いのは、マスコミが読者の取り込みを図っているからに他ならない。大丈夫だと言ったら記事にはならないから。最近、こういったマスコミ被害が多いような気がする。もうちょっと冷静に報道や論評する人が増えてくることを望む。(2016/06/28 17:43)

EU離脱という事実より、それらを大げさに騒ぎ立て、
利益を貪る者の存在に気を配るべきだと考える。
英国離脱の主な理由とされている移民の労働問題にしても、
安い労働力と安い製品やサービスを追及した英国民達が選択した、
その結果の積み重ねの結果ではないだろうか。
移民労働者は弱い立場で追い込まれ、
労働力を安売りするしか、生き残れなかったのではないか。
英国の離脱派は、労働問題をEUや移民のせいにしているが、
この事態を引き起こしたのは、盲目的に利益を追求した自身の責任ではないか。
利益追求自体は悪いことではないだろう。
しかし、事実と現実を見誤っているのではないか。
英国やその他のEU離脱派と、アメリカのトランプ支持派、
それらに共通する孤立主義。どちらも現実を見誤って、
自分の身体を食い潰していた事も気づかず、その挙句に責任を誰かに押し付け、
被害者を装っているようにしか見えないのは、私だけだろうか。(2016/06/28 03:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授