• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

コメダ上場、投資ファンド幹部が語る支援の内幕

2016年6月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」を運営するコメダホールディングス(HD、名古屋市)が6月29日、東証1部に新規上場する。業界で中堅の地方チェーンのどこに伸びしろを見出して投資し、成長を実現させたのか。筆頭株主のアジア系投資ファンド、MBKパートナーズの幹部が、投資から3年にわたる支援の内幕を語った。
MBKパートナーズはコメダホールディングスの筆頭株主として経営を支援してきた(写真は東京オフィス)

 MBKパートナーズは2005年に設立。日本・中国(台湾を含む)・韓国で事業展開する企業に投資して、企業価値の向上を図る。1件当たりの投資額は100億~500億円程度(企業価値ベースでは300億~2000億円程度)。運用資産残高は約100億ドル(1兆円程度)と、アジアに特化したファンドとしては最大級の規模だ。2013年2月、「コメダ珈琲店」を運営するコメダ(現コメダHD)に投資した。

 今回はコメダHDの支援に携わってきた加笠研一郎代表取締役、池田大輔マネージングディレクター、望月智洋ディレクターの3氏が取材に応じた。加笠氏と池田氏はコメダHDの社外取締役を務めている。

「上場、決めていたわけではない」

3年前、コメダに投資を決めた理由を教えて下さい。

池田氏:私が別の投資ファンドにいた2008年、コメダ創業者の加藤太郎氏ら創業家が保有株を売却しました(株式は投資ファンドのアドバンテッジ・パートナーズが取得し筆頭株主に)。その頃から、コメダはユニークで面白いビジネスモデルの企業だと感じていました。

 具体的には他のコーヒーチェーンがセルフサービスでオフィス街を中心に展開しているのに対して、コメダは(昔ながらの客席まで運ぶ)フルサービスを提供し、主に住宅地に出店していた点です。実際に投資を検討するタイミングになって詳しく分析したところ、競合が少なく、成長余地が非常に大きい点は見立て通りだと判断し、投資を決めました。

コメダの上場は、投資した当初から決めていたのですか。

加笠氏:当初から決めていたわけではありません。経営を支援する中で、コメダが成長を続けるには同業他社と組むよりも、単独で上場し全国で知名度を高めた方が良いと考えました。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「コメダ上場、投資ファンド幹部が語る支援の内幕」の著者

須永 太一朗

須永 太一朗(すなが・たいちろう)

日本経済新聞証券部

2003年一橋大学社会学部卒業、日本経済新聞社に入社。西部支社(福岡)で警察、企業、県政を順に担当。その後は主に証券部で日本株相場を取材。14年3月、日経ビジネス記者に。17年4月、日本経済新聞証券部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長