• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

音楽はタダじゃない

配信サービスで見直される音楽の値段

2015年7月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2015年に入って日本でも続々と始まった定額制の音楽配信サービス。先行する欧米では、音楽の無料化に歯止めをかける動きが広がっている。日本の音楽市場も、欧米の動きを対岸の火事と見るわけにはいかない。

 6月30日(日本時間は7月1日0時)、米アップルが日本を含む100カ国以上で定額制の音楽配信サービス「Apple Music」を開始した。定額制の音楽配信サービスとは、曲ごとに購入するのではなく、毎月同額を支払うことで、配信曲をいつでもどこでも聞けるサービス。配信サービスでは米スポティファイなどが先行しており、2014年には米国で、CD販売の売上高を上回った。「iTunes Store」というダウンロード型の音楽販売で圧倒的な売り上げを誇るアップルが満を持して参入するということで、市場がさらに広がるとの期待が高まっている。

 しかし、Apple Musicは、サービス開始を前に、中身以上に、ある“事件”で注目を集めてしまった。

開発者向けイベントに登壇した米アップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)。音楽配信サービス「Apple Music」を6月30日からスタートすると発表した。
ロイター/アフロ

コメント1件コメント/レビュー

配信事業というのは、音楽にしろ、動画にしろ、事業者がコンテンツホルダーに対して買いたたいて成立している事業である。当初は、自分の所で売ってあげる、もう十分に販売して償却した過去のコンテンツなのだから、それでプラスアルファになればいいでしょうというような調子でコンテンツホルダーを安く買いたたいていた。この手法はそうした過去のコンテンツであれば、成り立たなくもないが、当然新作ではそうはいかない。事業者も初期投資リスクを持たなければならないからである。また現在ではyou tubeをはじめ、誰でも簡単に配信サービスができるようになっているから、なおさら配信事業者は方針の転換を迫られていると思う。(2015/07/02 01:39)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「音楽はタダじゃない」の著者

中 尚子

中 尚子(なか・しょうこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞入社後、証券部で食品やガラス、タイヤ、日用品などを担当。財務や法務、株式市場について取材してきた。2013年4月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

配信事業というのは、音楽にしろ、動画にしろ、事業者がコンテンツホルダーに対して買いたたいて成立している事業である。当初は、自分の所で売ってあげる、もう十分に販売して償却した過去のコンテンツなのだから、それでプラスアルファになればいいでしょうというような調子でコンテンツホルダーを安く買いたたいていた。この手法はそうした過去のコンテンツであれば、成り立たなくもないが、当然新作ではそうはいかない。事業者も初期投資リスクを持たなければならないからである。また現在ではyou tubeをはじめ、誰でも簡単に配信サービスができるようになっているから、なおさら配信事業者は方針の転換を迫られていると思う。(2015/07/02 01:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長