• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

ニュースを斬る 日野原重明氏「死はGoodbyeではない」

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

医師として、人として、、、
最後まで全人的であられました。先生の講演を拝聴出来たこと、私たちの財産です。(2017/07/19)

年齢と人格には特に有益な関連性はないと思います。年老いて充実した毎日を送るには人格が伴わないといけないとと思います。日野原先生のように、自分自身にミッションを課してそれを遂行するという気概も人格の大きな要素でしょう。生きてきた中で得た経験値をその経験値がない人と共有するという気持ちで居れば、長老として扱ってもらえる。若い人に指図だけして意見を聴く耳がなければ、疎まれる。経験値も無く意見も訊かなければ、忘れ去られる。にっこり笑って、『有難う』と言える人なら年齢に関係なく好意を持てる。年齢にあった生き方ではなく、一人の人間としてどう生きるかを考えないと、老人という狭い範疇の中の空想・妄想になってしまうのではないでしょうか。(2017/07/19)

瀬戸内寂聴さんが昨日、「私、この方は亡くならないと思ってたの」というコメントをしていらっしゃいましたが、私も同感でした。
これだけ長期間、高いパフォーマンスで現役であり続けるというのは、人間の一つの理想形だったと思います。
日野原さん、ゆっくりとお休みください。(2017/07/19)

 はたから見て無責任な感想なんで申し訳ないんですけどもいい人生を送ったんだなあという重いです。心からお悔やみ申し上げます。(2017/07/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官