• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ANA、スカイマーク支援は「実現性こそ要」

ANAホールディングスが訴える早期再生の重要性

2015年7月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

民事再生手続き中のスカイマークの支援に、米デルタ航空が名乗りを上げた。5月、債務者であるスカイマークは、投資ファンドのインテグラルやANAホールディングス(HD)らと共同で再生計画案を東京地裁に提出している。これに最大債権者の米航空機リース会社、イントレピッド・アビエーションが反対。独自の再生計画案を別途、提出し、事業スポンサーにデルタ航空を招いた。

当初からスカイマーク支援に名乗りを上げ、スカイマーク、インテグラルらと再生計画案を練ってきたANAHD。日経ビジネスではANAHDの長峯豊之取締役執行役員に単独インタビューを実施。債務者案の強みとは何かを聞いた。

最大債権者である米航空機リース会社のイントレピッド・アビエーションが独自の再生計画案を提出しました。8月5日の債権者集会ではスカイマークやインテグラル、ANAHDらが作った「債務者案」とイントレピッドの「債権者案」の採否が諮られることになります。ANAHDが参画する債務者案の特徴は。

長峯取締役執行役員(以下、長峯):我々はスカイマークの債権者でもあるので、7月15日に開催されたイントレピッドの債権者説明会にも参加しました。

 その中で、債権者案について説明を受けましたが、内容はある意味では、我々の想定の範囲内でした。事業スポンサーだけが最後まで決まらずにいましたが、最終的には米デルタ航空が支援に乗り出した。

 ただ、スカイマーク再生に対する確実性については、我々が参画するスカイマーク案、つまり債務者案の方が、圧倒的に優位だと感じています。

 というのも、まずデルタ航空がイントレピッド案のスポンサーになるためには、いくつかのハードルがあるためです。まずは8月5日の債権者集会で可決され、さらに東京地裁の認可決定を受けることが大前提となります。

 それ以外にもいくつかの課題が残っています。そもそもスカイマーク案については、既に当事者であるスカイマークと投資ファンドのインテグラル、UDSエアライン投資事業有限責任組合(UDS)、そして我々の間で、スポンサー契約や、株主間契約が成立しています。公正取引委員会との事前相談を終え、国交省との調整も終わったうえで、契約が結ばれているわけです。

 ですが、実はこうした調整はイントレピッド案については全くありません。

コメント2件コメント/レビュー

スカイマークの経営破綻の直接原因は、集客が上手く行かないことでしょう。価格破壊を仕掛けたが、大手の対抗策に屈した。これをデルタが救う方法は今のところ無い。借金を棒引きにできたとしても、直ぐに集客力に繋がる方策は何も無い。ANA支援は、その意味で実効性が高い。しかし、元々どうして潰れたのか良く考えてみる必要がある。スカイマークのドル箱は福岡~羽田路線である。ANAもJALもスターフライヤーも同じ。既にスターフライヤーはANAと共同運航していますよね。ANAが便縮小するなら別ですが、上手く行くとは思えませんね。国内路線で儲かる路線など限られている。だから、スカイマークは国際路線に手を出そうしたのではですか。この限られた国内路線で、第三局でやって行けという国の施策が問題ではないですか。(2015/07/23 10:20)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ANA、スカイマーク支援は「実現性こそ要」」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スカイマークの経営破綻の直接原因は、集客が上手く行かないことでしょう。価格破壊を仕掛けたが、大手の対抗策に屈した。これをデルタが救う方法は今のところ無い。借金を棒引きにできたとしても、直ぐに集客力に繋がる方策は何も無い。ANA支援は、その意味で実効性が高い。しかし、元々どうして潰れたのか良く考えてみる必要がある。スカイマークのドル箱は福岡~羽田路線である。ANAもJALもスターフライヤーも同じ。既にスターフライヤーはANAと共同運航していますよね。ANAが便縮小するなら別ですが、上手く行くとは思えませんね。国内路線で儲かる路線など限られている。だから、スカイマークは国際路線に手を出そうしたのではですか。この限られた国内路線で、第三局でやって行けという国の施策が問題ではないですか。(2015/07/23 10:20)

スカイマークの整備は、JALだったはずですから、反ANAもありでしょう。利用者は第3極が担保されなくても気にしないと思います。ただし、JALグループvsANAグループ以外の選択肢があればよいということです。スカイマーク以外の後発エアラインは経営不振で多くがANAグループになったことを考えると、ANAには外れてほしい。素人には航空会社は経営できないかもしれないけれど、それこそ第3極の独立性が担保されないと思う。アメリカのサウスウェストみたいな航空会社になれないでしょうか?実現性の下に妥協の産物にしないでほしい。(2015/07/23 09:50)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授