• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「人事」に透ける安倍首相の思惑とは

「新鮮さ」より安定と守りを重視したワケ

2016年8月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 内閣改造・自民党役員人事を実施した安倍晋三首相。党幹部には重鎮を配置し、閣僚は骨格を維持しながらバランスと「見せ方」に腐心した。人事に込められた安倍首相の思惑を読み解く。
安倍首相は、直前まで総務会長として党を束ねてきた二階俊博氏を幹事長に起用した。(写真:新華社/アフロ)

 安倍首相は3日、自民党役員人事と内閣改造を行った。内閣改造を踏まえ記者会見した安倍首相は「最優先課題は経済だ。安倍内閣は未来へのチャレンジを続けていく」と強調した。

 「アベノミクス再加速に向けた強力な布陣」をうたい文句に実施した今回の人事。大きく3つのポイントが挙げられる。

「二階さんは怖い人」

 まず第1に、自民党執行部については安定を重視し、経験豊富なベテランを配置したことだ。

 幹事長には前総務会長の二階俊博氏を起用。茂木敏充政調会長、細田博之総務会長はともに過去に同じ役職を務めたことがある。

 2014年9月の内閣改造・自民党役員人事で衆院当選3回(当時)の稲田朋美氏を政調会長に抜擢したのとは異なり、「新鮮味より安全・安心を選んだ」(安倍首相周辺)人事となった。

 安倍首相は党の要である幹事長について、当初は谷垣禎一前幹事長の続投を見込んでいた。谷垣氏は2014年の就任以来、軽減税率導入や消費増税先送りなどを巡って自身の主張と異なる政策を受け入れ、党内の不満を抑え込む役割を演じてきた。

 安倍首相は今後の憲法改正論議の前進もにらみ、穏健な保守の立ち位置である谷垣氏の調整力に期待していたのだ。

 ところが、谷垣氏の自転車事故による負傷でそうした目算が狂ってしまう。そこで安倍首相が白羽の矢を立てたのが二階氏だった。

 二階氏は小沢一郎氏(現生活の党共同代表)らと自民を離党後、複数の政党を経て自民に復党。「仕事師」としての力量を買われて要職を歴任してきた。

 第2次安倍内閣発足以降は安倍首相との距離を縮めることで発言力を増し、二階派の勢力拡大や「国土強靭(きょうじん)化」など自らの主張する政策を次々と実現させてきた。

 「二階さんは怖い人だね」。「出戻り組」にもかかわらず政治的手腕や影響力を存分に発揮する二階氏について、安倍首相は最近も親しい関係者にこう漏らしている。

コメント7件コメント/レビュー

「今回の人事を見ても、安倍首相は後継を育てる気がほとんどなさそうだ。ポスト安倍は自分、というのが本音だろう。自民党の将来を考えれば大きな問題だ」。自民のベテラン議員はこう漏らす。
とのこと。
このようなお考え、志だから都連のような醜態を世間に晒すことになっているのではないか。

政党は、国家、国民をリードしなければならない存在です。
「育ててもらう」ではなく、機会、役職を貰っているのですから、ご自分で考え自らが育たなければ最終的にはリーダーとはなれないと思います。
軍事も外交も基本的にアメリカ任せ、経済は右肩上がりな55年体制時代と現代はすでに大きく異なります。
企業や国民が努力しているように、政治家も社会や世界の変化にあわせて変化し成長する。という考えが必要なのではないでしょうか。(2016/08/07 06:08)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「人事」に透ける安倍首相の思惑とは」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「今回の人事を見ても、安倍首相は後継を育てる気がほとんどなさそうだ。ポスト安倍は自分、というのが本音だろう。自民党の将来を考えれば大きな問題だ」。自民のベテラン議員はこう漏らす。
とのこと。
このようなお考え、志だから都連のような醜態を世間に晒すことになっているのではないか。

政党は、国家、国民をリードしなければならない存在です。
「育ててもらう」ではなく、機会、役職を貰っているのですから、ご自分で考え自らが育たなければ最終的にはリーダーとはなれないと思います。
軍事も外交も基本的にアメリカ任せ、経済は右肩上がりな55年体制時代と現代はすでに大きく異なります。
企業や国民が努力しているように、政治家も社会や世界の変化にあわせて変化し成長する。という考えが必要なのではないでしょうか。(2016/08/07 06:08)

石破さんは絶対に総理になれない。
理由はいろいろあるがあからさまに反安倍すぎる。

野田さんを見てもわかる通り、あからさまに安倍さんに反旗を翻そうとすれば確実に安倍さんにつぶされる。

国政選挙4連勝。
2020TOKYOも安倍総理の尽力はでかい。

国民は2020を安倍さんで迎えたいと考えているはずは多いはず。

実際、小泉さんに続けてほしいと思っていた国民は多数だけど辞職した。
そのあとの3代の自民政権の体たらく。

であれば、稲田さんやその他の人が力をつけるまで安倍さんで良いと思う。

もう2009~のような政権は見たくない。(2016/08/06 20:48)

国家の存立としては、まず安全保障があって、次に経済だと考える。中共、韓国、北朝鮮という実質敵国である反日国家に囲まれている状況、米国に対しても主張すべき点は主張していかなければならない状況を考えれば、当面は安倍首相の続投が望ましいし、次点は麻生=安倍連立内閣ではないか。
少なくとも、国際会議やサミットの合間のコーヒーブレークのタイミングで、実質的な折衝・交渉を行える人でなければ、現在のタイミングでは首相は務まらないと考える。
安倍首相にはサミットを仕切ってみせる器量があるし、麻生副総理にはプーチン大統領をいじる胆力がある。
ポスト安倍として名前の挙がる人が、トランプ氏やヒラリー氏と対等に渡りあうイメージは、残念ながら自分には見えない。(2016/08/05 17:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長