• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

旅館再生をあきらめたわけではない

星野リゾート「都市型ホテル」進出の真意

2015年8月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

星野リゾートが宿泊特化型ホテル事業を本格化するため買収攻勢をかけている。今や地方観光を楽しむ人のほとんどが宿泊特化型ホテルに泊まるため、事業ポートフォリオに必要不可欠と判断した。ただ、これまでメーンとしてきた旅館再生事業とのバランスはどうなるのか。

 「うちも買おうと思ったんだけど、価格が高くて折り合いがつかなかった。星野は高くても買ったんだね」

 ある不動産会社幹部はこう打ち明ける。幹部が話しているのは福岡・博多駅から徒歩5分にあるシティホテル「ANAクラウンプラザホテル福岡」だ。

 星野リゾートは7月28日、この福岡だけでなく広島、金沢、富山の4つのANAクラウンプラザホテルを400億円弱で買収すると発表した。この買収は、4施設の所有と経営を行ってきたホライズン・ホテルの株式を持つ米モルガン・スタンレー系の投資ファンドの全株式を取得する形で実現した。

 ホテルの運営は、当面は現在のIHG・ANA・ホテルズグループジャパンが担うが、時期をみて星野リゾートに切り替える予定だという。

 星野リゾートはこれまで、主に全国の経営難に陥ったリゾート施設や旅館を安く買い取り、独自のノウハウを持って再生させることで収益を拡大してきた。2013年7月には、同社がスポンサーとなって、国内でも早い段階でホテル、旅館などの宿泊施設に特化した不動産投資信託(REIT)「星野リゾート・リート投資法人」を立ち上げた。再生した物件をこのホテルリートに売却して資金調達し、運営施設数を着々と増やそうとしている。

 今回の買収も、このビジネスモデルを深化させるためのものであることは間違いない。だが、これまでと異なるのは、買収した物件が地方都市のシティホテルであるということだ。しかも、稼働率も決して悪くなく、星野リゾートがこれまで買収の対象としてきたような経営が行き詰っているホテルでもない。

 星野リゾートの星野佳路代表は、今回の買収に関し「大きな投資額だが、今までの再生事業に比べれば収益の見通しは立っており、はるかに安全な投資と考えている」と本誌取材に対して答えた。買収のタイミングについても「売りに出ていたので、スピード感を持ってトップダウンの意思決定をした」と話す。

400億円は「安全な投資」

 星野リゾートの現在の運営施設数は35。施設の取扱高は392億円と右肩上がりだ。しかし、この規模に対して400億円の投資は、かなり思い切ったことをしたようにも見える。今回のシティホテル4施設は、星野リゾートの事業拡大のために、どうしても欲しいものであったことがうかがえる。

 星野代表はつねづね「日本の観光業界でシェアを取るためには、都市型ホテルを押さえておかねばならない」と発言していた。観光庁の調査によれば、今や日本全国の観光地を訪れる日本人の約半分が都市型ホテルに宿泊している。価格も旅館に比べてお手ごろで、立地も駅前に集中している。設備も現代仕様で利便性が高い。いずれの要素も、リゾート施設や温泉旅館など、滞在をメーンとする星野リゾートの運営施設にはないものだ。今回の買収が、その足がかりになるのは間違いないだろう。

業績グラフ

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「旅館再生をあきらめたわけではない」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏