• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今秋、日本は通商問題の大バトルに直面する

対トランプ政権、米国抜きTPP……布陣固め本気度示せ

2017年8月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今秋、これまでに積み残してきた通商問題の課題に、日本政府は一気に取り組むことになる。米国抜きTPP(TPP11)、RECEP、日米経済対話、日欧EPA……。高いハードルを乗り越えるには、外務省主導の従来型の交渉スタイルではなく、官邸主導の“TPP型”の布陣を組み、本気度を示すことが欠かせない。

日本は今秋以降、通商問題の大きなハードルに直面する(写真:ロイター/アフロ)

 この秋、通商分野がダイナミックな動きになりそうだ。具体的に挙げてみよう。

(1) 米国抜きの環太平洋経済連携協定(TPP11)については、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合で方向性を固めることになる。それに向けたカギとなるのが、「米国抜き」に難色を示すベトナム、マレーシアなどのメンバー国を日本が主導して説得することができるかどうかだ。TPP11の結束を維持できるかどうかは日本のリーダーシップにかかっている。

(2) 東アジア経済連携協定(RCEP)については、どこまでのレベルのものにするかを巡って、日中間の綱引きが展開されている。この秋の閣僚会合が勝負どころだ。早期妥結を望む東南アジア諸国連合(ASEAN)各国を説得して、日本が目指す非関税分野も含めた、質の高い内容に誘導していけるかどうかの正念場を迎える。

(3) 日米関係では、11月のベトナムでのAPEC首脳会合の前後にトランプ大統領が訪日する可能性が高い。そうなると、その前の10月に開かれる日米経済対話において、日米間の摩擦の種をマネージすることができるかが大事だ。米国畜産業界の不満などを背景に、2国間の自由貿易協定(FTA)を求める米国からの圧力が高まる中、これにどう対処するか。

(4) 大枠合意した日欧経済連携協定(EPA)も、紛争処理メカニズムなど課題が未解決である。これらの積み残しの難題を解決して最終合意に至ることができるか。

 これらは相互に密接に連動している。TPP11が結束できそうならば、RCEPもより質の高い内容を求めやすくなる。将来米国がTPPに戻ってくる受け皿が用意できそうならば、米国の産業界をTPPへの復帰を志向する可能性も出てこよう。日欧EPAの合意は、欧州との競争不利を避けようとする国々に対してはTPP11への誘因にもなる。

 いずれにしても日本政府は、こうした全体像を俯瞰して、この秋からの通商戦略を立てることが必要である。そのためには、日本政府としても各省バラバラ、各テーマバラバラではなく、司令塔がしっかりとした組織体制を作ることが不可欠だ。

 そういう視点で今回の内閣改造と官僚の幹部人事を評価してみたい。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「今秋、日本は通商問題の大バトルに直面する」の著者

細川 昌彦

細川 昌彦(ほそかわ・まさひこ)

中部大学特任教授(元・経済産業省米州課長)

1955年1月生まれ。77年東京大学法学部卒業、通商産業省入省。「東京国際映画祭」の企画立案、山形県警出向、貿易局安全保障貿易管理課長などを経て98年通商政策局米州課長。日米の通商交渉を最前線で担当した。2002年ハーバード・ビジネス・スクールAMP修了。2003年中部経済産業局長として「グレーター・ナゴヤ」構想を提唱。2004年日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長。2006年経済産業省退職。現在は中部大学で教鞭をとる傍ら、自治体や企業のアドバイザーを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長