料理動画のクラシル、圧倒的支持の意外なワケ

堀江裕介CEOに聞くマネタイズとリスク

  • 島津 翔
  • 2017年08月24日

 オフィスに入ると、ごま油の芳醇な香りがした。視線の先に、料理レシピ動画を制作する「キッチン兼スタジオ」が10台以上並ぶ。美しく見える光の当て方、わかりやすい野菜の切り方……。ベンチャー企業であるデリー(東京都品川区)のオフィスは、料理動画制作のノウハウの固まりである。

大量の料理動画はこのキッチン兼スタジオで作られる(写真:吉成 大輔)

 デリー(東京都品川区)が運営する料理レシピ動画サービス「クラシル」。サービス開始からわずか1年半で、月間1億7000万回以上再生されるメディアへと成長した。

クラシルの料理動画イメージ。1分でレシピが分かる動画が利用者の支持を集める

 月間1000本以上のレシピ動画を配信し、累計本数は約1万本。日経ビジネスの取材に対し、堀江裕介CEO(=最高経営責任者)は8月23日にレシピ動画数が世界一になったことを明かした。スマートフォン向けのアプリダウンロード数も「間違いなく世界最大級」であるという。アプリは米アップルの「App Store」で総合ランキング1位、レビュー点数も5点満点で4.8点と高得点を維持している。

 5月には“珍事”も起きた。同社のレシピ動画の効果で、5月の豆苗出荷量が前年同月比で60%増加(豆苗シェア1位の村上農園の調査)。異例である。

 ここまで熱狂的な支持を集める理由はどこにあるのか。意外にも、堀江CEOは「(動画の品質などの)コンテンツ力ではない」と言う。

 オンラインの料理動画サービスは、この数年で米テイスティや米テイストメイドなどが次々に生まれ、国内でも競合がひしめく。クラシルが描く今後のマネタイズと世界展開とは――。

(聞き手は島津 翔)

堀江さんは過去に「動画コンテンツにこそ成長の余地がある」と発言しています。動画に注目した理由を改めて聞かせてください。

堀江裕介(ほりえ・ゆうすけ) dely(デリー)代表取締役 CEO 25才。2014年、慶應義塾大学在学中にdelyを設立、代表取締役に就任。2度の事業転換を経て16年2月からレシピ動画サービス「kurashiru(クラシル)」を運営。17年3月、当時24才で累計約40億円の資金調達を行ったことから、世間の注目を集める。17年4月、Forbesによる「アジアを代表する30才未満の30人」に、 メディア・マーケティング・広告部門で唯一の日本人として選出(写真:吉成 大輔)

堀江裕介CEO(以下、堀江):デリーは2014年に創業しました。当時はキュレーションメディアの全盛期で、すでにメディアがたくさん立ち上がっていた。一方で、ブロックチェーンやAI(人工知能)、仮想通貨などのテクノロジーは今ほど盛り上がっておらず、ビジネスを始めるのが難しい時期と言われていました。

続きを読む ※日経IDログインが必要な場合があります