• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界初公開!BMWの自動運転試作車に乗った

人間ではなくシステムが責任を持つ「レベル3」の実力とは

2016年8月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 独BMWが、試作中の自動運転車を日経ビジネスにのみ世界で初めて公開した。今年1月から公道での試験を開始したが、これまでドイツメディアにさえ公開しておらず、その「実力」はベールに包まれていた。

 ミュンヘン中心部のBMW本社から北に約10kmの位置にある「BMWリサーチ&テクノロジーハウス」。自動運転開発部隊の多くが所属する同社の研究開発の心臓部である。8月上旬、この開発拠点の一角に、そのプロトタイプは止まっていた。

 海外の自動車メーカーが試作中のクルマによく付ける愛称はまだなく、エンジニアの中で「PT1」と呼ばれる車両だ。ボンネット内部とトランク内部を除く部分の写真撮影を許された。

BMWのプロトタイプの外観。同社の開発拠点にて撮影
外観(前方から)
外観(後方から)。ナンバープレートの下にはめ込まれた「LIDAR」が見える

 ベース車両はBMW3シリーズ。センサーは、長距離レーダーが3つ、短距離レーダーが4つ。加えて、「LIDAR」と呼ばれるレーザースキャナーが、前方、後方、側方2つの計4つ搭載されている。

 カメラは前方だけに、メーンカメラと道路標識を見るサブカメラの2つだ。いずれも単眼カメラである。カメラの数と組み合わせは試験中で、どのような仕様になるかは未定だ。

 「申し訳ないが、まだ社内のプロドライバーしか運転を許していない」。広報担当者にそう言われ、早速カメラを準備して助手席に乗車した。

後部座席から見たプロトタイプの内観。運転席のメーターが可変表示のディスプレーに置き換わっている

コメント4件コメント/レビュー

35年程前にヨーロッパに在住していたのですが、以下の点について記者さんがどこまでヨーロッパ(特にドイツ)の交通ルールについて知識を持っているか気になりました。非常に高い知識を持たれているように感じましたので。。。

現在は変わっているのかもしれませんが、アウトバーンでは追い越し時に、追い越し車線(左車線)に車線変更する場合はウインカーが必須ですが、走行車線(右車線)に戻る場合のウインカーは義務ではなく、通常のマナーに反する(車間距離が短い)が、それを承知で車線変更を希望する場合にはウインカーで合図をして入れてもらう。つまり、記事上の「この行動は、人間のドライバーがスペースがなくても車線変更するときの行動」の記載は、上記のマナーを熟知してないと知ることのできない内容・表現であると思うのです。

以下「記事の引用」
 左車線を走行していると、後方からよりスピードを出したクルマが近づいてきた。ただし、右車線は混雑しておりレーンチェンジできるスペースがない…。

 プロトタイプが取った選択は極めて興味深いものだった。後続車の存在を検知すると、右ウインカーを出したのだ。出し続けていると、右車線後方を走っていたクルマが少しだけスピードを落とし、車線変更できるスペースができた。そこですっと右車線に入った。この行動は、人間のドライバーがスペースがなくても車線変更する時の行動とよく似ていた。(2016/08/27 11:07)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「世界初公開!BMWの自動運転試作車に乗った」の著者

島津 翔

島津 翔(しまづ・しょう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学大学院工学系研究科修了、日経BP社に入社。建設系専門誌である日経コンストラクション、日経アーキテクチュアを経て、2014年12月から日経ビジネス記者。担当分野は自動車、自動車部品。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

35年程前にヨーロッパに在住していたのですが、以下の点について記者さんがどこまでヨーロッパ(特にドイツ)の交通ルールについて知識を持っているか気になりました。非常に高い知識を持たれているように感じましたので。。。

現在は変わっているのかもしれませんが、アウトバーンでは追い越し時に、追い越し車線(左車線)に車線変更する場合はウインカーが必須ですが、走行車線(右車線)に戻る場合のウインカーは義務ではなく、通常のマナーに反する(車間距離が短い)が、それを承知で車線変更を希望する場合にはウインカーで合図をして入れてもらう。つまり、記事上の「この行動は、人間のドライバーがスペースがなくても車線変更するときの行動」の記載は、上記のマナーを熟知してないと知ることのできない内容・表現であると思うのです。

以下「記事の引用」
 左車線を走行していると、後方からよりスピードを出したクルマが近づいてきた。ただし、右車線は混雑しておりレーンチェンジできるスペースがない…。

 プロトタイプが取った選択は極めて興味深いものだった。後続車の存在を検知すると、右ウインカーを出したのだ。出し続けていると、右車線後方を走っていたクルマが少しだけスピードを落とし、車線変更できるスペースができた。そこですっと右車線に入った。この行動は、人間のドライバーがスペースがなくても車線変更する時の行動とよく似ていた。(2016/08/27 11:07)

アウディのAAC搭載車を日常の足に使っています。それまで乗っていたクルマは、接近やはみ出しの警告は出すけど何もしないクルマでした。今のクルマが出来るのは0-150km/hの範囲で全走車に追従して走り、危険があれば警告して緊急停止するレベルですが、年齢とともに散漫になる自分の注意力をサポートする意味では、一度使ってしまうと無くてはならない機能だと思います。おかげでこのところ2~3年置きにアウディの最新型に乗り換えています。クルマはこうして「自分で運転を楽しみたいときだけ自らハンドルをとる」乗り物、本当の意味での自動車になっていくのではないでしょうか?(2016/08/26 13:08)

【自賠責保険や、車体保険をドイツBMWが引き受けてくれる】のなら、
画期的ですね。(2016/08/26 12:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長