• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Jアラートで我々は何を警戒すべきなのか

弾道ミサイルを探知して国民に知らせるシステムを理解する

2017年9月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

弾道ミサイルの探知・追尾

 では、その弾道ミサイルを探知・追尾する側の仕組みはどうなっているか。
まず、発射の探知には赤外線を使用する。ロケットを作動させた際に噴射する排気ガスから赤外線が放射されるので、それを人工衛星に搭載した赤外線センサーで探知する仕組みだ。米軍の場合、DSP(Defense Support Program、国防支援計画衛星)、あるいはその後継となるSBIRS(Space-Based Infrared System、宇宙配備赤外線システム)といった弾道ミサイル早期警戒衛星がある。

 ただし、早期警戒衛星が発射を探知した時点で分かるのは、「どの地点で赤外線放射が発生したか」までである。その時点では、まだミサイルは上昇と方位変化の途上にあるので、どちらに向けて飛翔しているかは分からない。

 加えて、赤道上空の高度約3万6000kmという位置にある早期警戒衛星が、分解能(データのきめの細かさ)の低い赤外線を使って探知するため、飛翔経路を精確に追尾するのは無理がある。

 その後のミサイルの飛翔を追尾するには、もっと精度が高い探知手段、すなわちレーダーが必要である。その一例が、米軍が車力分屯基地(青森県つがる市)と経ヶ岬通信所(京都府京丹後市)に配備しているXバンド・レーダー「AN/TPY-2」である。

 これはもともとTHAAD(Terminal High-Altitude Area Defense)弾道弾迎撃ミサイルを管制・誘導する目的で開発されたレーダーだが、ソフトウエアを変更して、弾道ミサイルの追尾に専念する動作モードが加えられた。ミサイルの射撃管制を行うときと比べると、追尾に専念する方が探知可能距離は長く、一説によると4000kmに達するという。

 また、航空自衛隊が日本国内の4カ所(下甑島、佐渡、大湊、与座島)に配備している大型レーダー「J/FPS-5」も、弾道ミサイルの追尾が可能である。

 注意しなければならないのは、地球は球体であり、表面が丸みを帯びている点である。そのため、たとえ4000kmの探知距離があっても、4000km遠方で離昇したミサイルを直ちに探知することはできない。そのミサイルが地平線から姿を現すと初めて探知できるので、実際に探知可能な距離は仕様上の探知可能距離よりも短くなる。

段階的に危険範囲が狭まる

 ともあれ、高い分解能を持つ「AN/TPY-2」や「J/FPS-5」といった地上設置レーダー、あるいは洋上に展開させたイージス艦の対空捜索レーダー「AN/SPY-1」を使って連続的に追尾することで、弾道ミサイルの飛翔経路と速力が分かる。

 その時点で初めて、ミサイルが描く弾道飛行の経路が分かり、着弾地点の予測が可能になる。そうやって得られたデータが、日本政府を通じて「Jアラート」によって一般市民レベルまで流れてくる。

コメント7

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「Jアラートで我々は何を警戒すべきなのか」の著者

(いのうえ・こうじ)

テクニカルライター、軍事研究家

日本マイクロソフトを退職後、1999年にテクニカルライターとして独立。主に技術解説記事を手掛け、IT分野から鉄道・航空・軍事まで幅広くカバーしている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師