• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ファミマの商品は「統合」でおいしくなるか

商品本部長が語る「質が量を作り、セブン追う」

2016年9月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ファミリーマートは9月13日、2016年度下期に売り出す商品の展示会を横浜市で開いた。訪れたのは主に関東にある加盟1800店のオーナーや店長ら約2800人。展示の目玉は家に持ち帰って食べる「中食」だ。同社は2014年から「中食構造改革」を進めており、今年はその折り返し地点にあたる。

 9月1日にグループの一員となったサークルKサンクスの加盟店オーナーも、今回初めてファミリーマート本部主催の商品展示会に出席した。ファミリーマート側のスタッフは少しでもブランド統合のメリットを理解してもらおうと、ファミリーマートの商品ならではの具材の柔らかさや自然な味わいをアピール。今後、看板替えに先立って切り替えを進める商品について、積極的な発注を呼びかけた。

 これまでファミリーマートで中食の改革を推進し、統合後も引き続き陣頭指揮を執るファミリーマート取締役・商品本部長の本多利範氏に話を聞いた。

ファミリーマートで商品本部長兼物流・品質管理本部長を務める、取締役・専務執行役員の本多利範氏(写真:的野弘路)

9月1日、サークルKサンクスと統合しましたが、商品の観点でいうと、統合効果はどのように出てくるのでしょうか。

本多:今回の統合で、上田(準二、ユニー・ファミリーマートホールディングス社長)は「量は質を伴う」と言っていますが、本当に重要なことは実は逆で、「質が量を伴う」ということです(参考:ユニー・ファミマHD社長語る脱ファミリー経営)。質を上げれば、量が伴ってくるんですよ。量を追求して、質が伴うということは、本当はない。

 今回、上田が主導した統合の大変な功績は、「場」を作ってくれたことです。どういうことかというと、商品の面から今回の統合を見れば、これまで僕がやってきたファミリーマートの業務改革に、サークルKサンクスを乗っけるということです。これをやる「場」を上田が作ってくれた。

 ファミリーマートとサークルKサンクスの商品の統合は、上田は簡単そうに言っていますが、現場は大変ですよ。商品から工場、物流まで、すべてを統合しないといけませんから。

ファミリーマートは2014年から、弁当や総菜などの質を向上させる「中食構造改革」を続けてきましたね。これまでの成果をどのように評価していますか。

本多:通常なら5年はかかる中身のある改革を、3年で終えるくらいのスピードで進めています。当初は社内に疑心暗鬼な見方もありましたが、少しずつ成功例が増えてきました。

 例えば唐揚げ。ファミリーマートは3年前まで、冷凍した原料を水で解凍していました。ただ、これでは肉のうま味が水に逃げてしまう。そこで今は専用の解凍庫を使っています。サンドイッチについては先日、1店舗あたりの1日の平均売上高(日販)が初めて2万円を超えました。

コメント5件コメント/レビュー

名古屋市に住んでますので、当然ファミマよりサークルKの方が店舗も多くて便利なのですが、それを差し引いてもファミマのほうがイイとは全く思いません。日配品のようにどこでも一緒のような物ならいいですが、弁当・惣菜のような会社によって異なる商品は値段相応以下にしか感じられないファミマの商品に代わっていくのであれば、確実に利用回数は減って行くこととなると思います。逆に言うと、だからセブンやファミマが強いのだと思いますけど。(2016/11/19 16:33)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ファミマの商品は「統合」でおいしくなるか」の著者

藤村 広平

藤村 広平(ふじむら・こうへい)

日経ビジネス記者

早稲田大学国際教養学部卒業、日本経済新聞社に入社。整理部勤務、総合商社インド拠点でのインターン研修などを経て、企業報道部で自動車業界を担当。2016年春から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

名古屋市に住んでますので、当然ファミマよりサークルKの方が店舗も多くて便利なのですが、それを差し引いてもファミマのほうがイイとは全く思いません。日配品のようにどこでも一緒のような物ならいいですが、弁当・惣菜のような会社によって異なる商品は値段相応以下にしか感じられないファミマの商品に代わっていくのであれば、確実に利用回数は減って行くこととなると思います。逆に言うと、だからセブンやファミマが強いのだと思いますけど。(2016/11/19 16:33)

ファミマはパスタやチルド飲料以外セブンより商品力で劣る商品が多かったが、サンクスはそれ以上に「買える」商品が少すぎた。統合効果でファミマレベルに持ち上げるとして、それではまだまだ不十分。本文中にもあったようにさらなる向上に期待したい。(2016/11/17 10:39)

おにぎり、サンドイッチ等は、種類・味・価格の面で、サンクス系の方がファミマより上です。それが、ファミマに統合になるなんて消費者をバカにしているとしか思えない。確かに、惣菜やスイーツ系はファミマの方が上ですが。
ファミマのサンドは切り口は綺麗だけれど、見えない端側は具もソースもないパンだけ。おにぎりは、具が三角形の底辺部分に偏っている。これに統一されるのか?!
最近徐々にサンクスの棚の商品入れ替えが進んでいて、牛乳は¥110.-ほどの300mlパックが無くなって200mlパックだけになった。これって150%の値上げ相当!7-11にはまだ同等商品が売られているのに。(2016/10/21 14:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長