• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

熱狂VR、可能性見せつけた東京ゲームショウ

ソニーはリアリティー追求、スクエニはマンガも挑戦

2016年9月17日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月15日から千葉県の幕張メッセで開催されている世界最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ(TGS)2016」。昨年、会場の話題と人気をさらった「VR(バーチャルリアリティ=仮想現実)」対応のゲームが、今年はさらにスケールアップ。ゲームの“顔”となっていた。

 VRゲームは、ゴーグル型端末を装着し、360度見渡す限りの立体映像による臨場感や没入感を楽しむ新手のゲーム。首を振ると、その方向に連動して映像も変化するため、まるで、ゲームの世界に自分が入り込んだかのような感覚を得られる。

15日から開幕した東京ゲームショウ。ソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースでは「プレイステーション VR」のコーナーに人が殺到していた

 中でも最前線を走るのが、VRゲームの展示が今年で3度目となるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)。家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」に対応したVR機器「プレイステーション VR(PS VR)」の発売が10月13日に迫っており、完成間近のタイトルが遊べるとあって、関係者が殺到していた。

開場後「14分」で整理券配布終了

 SIEのブースを訪れると、20台、17タイトルをそろえたPS VRの試遊コーナーはキャンセル待ちの人々で長蛇の列。15日と16日は、メディアやゲーム業界の関係者のみが入場できる「ビジネスデイ」だが、それでも試遊の整理券は「15日は30分、16日は14分でなくなった」(広報担当者)という。

「プレイステーション VR」の試遊整理券は開場後すぐになくなり、キャンセル待ちには長蛇の列ができた

 中でも「あっという間に埋まった」(同)という一番人気のタイトルが、バンダイナムコエンターテインメント(バンナム)の「サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(税別2759円)」というタイトル。プレイヤーは家庭教師となり、教え子の高校生「宮本ひかり」と夏休みの7日間を一緒に過ごして楽しむというものだ。

 PS VRの発売日に同時発売の予定で、試遊コーナーのソフトは「製品版の一歩手前のバージョン」(バンナムCS事業部のギャンダズ・オノ氏)。VRは普通のゲームとは違い、キャラクターの顔やそこあるモノなどが、数センチと間近に迫ることが多いため、より質感が問われる。「よりリアルにするために『宮本ひかり』の顔やアニメーションを作りなおした」(同)。

 試遊してみると、確かにあらゆる質感が昨年の参考出展時に比べ、格段に高まっていた。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「熱狂VR、可能性見せつけた東京ゲームショウ」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官