• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

ニュースを斬る 中国でEV市場が拡大した裏に大物政治家の失脚

レビュー

とても参考になった
 

58%

まあ参考になった
 

25%

参考にならなかった
 

16%

ぜひ読むべき
 

60%

読んだほうがよい
 

21%

どちらでもよい
 

17%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

四輪車に限った目線の記事なので、2014年以降の政争と絡めて結論付けられたようだが、内燃エンジン車からEVへの転換は、二輪・三輪(中国は農村部で三輪トラクターが盛んに用いられている)の分野では、既に2000年初の段階から転換が進められ、都市部では内燃エンジンのスクーターバイクは禁止、EVバイクの台数は中国全土で1億台を超え、年間1千万台増加している。(この為、街の角々にはキオスク並みの数のワンコイン充電自販機が設置されており、1人民元分から課金式で充電できる。)また、これに伴って、内陸部砂漠地帯では一路一帯計画の幹線鉄道に沿って、大規模な太陽光発電所が続々と建設されていることが、グーグルマップでも簡単に確認できる。この事から、ペトロチャイナ疑獄が直接EV市場の拡大に繋がったとの論調には賛同できない。大きなEV化推進の契機は、前胡錦涛政権時に温家宝総理が主導したスマート&エコシティ計画にあり、その背景には京都議定書をはじめとするCO2削減の国際的な圧力があった事は間違いないだろう。(2017/09/28 12:14)

中国は、原発を大増設中であり、それらが全て稼働しだすとEVへのシフトが加速される。原発の増設は今後も継続すると見られるが、この結果EV化が進行すれば燃油輸入は減り、かつ二次的には核兵器保有でも米露に肩を並べたいと言う願望を一気に達成するのではないか。習近平体制になってからの中国は、世界に覇を唱える方向にまっしぐらで、覇権争いが1世紀遅れの古い考え方である事など気にも留めない。こんな危険な国であるにも拘らず、「世界一の大市場」を武器に西欧諸国にあらゆる面で「協力」を強いている。英独はまるで尻尾を振る犬の様だが、西欧から遠く離れた地での出来事には国民も大して気にもしない。東アジアの国々は、逆に中国の存在感が大きくて力関係的に従わざるを得ない状況にある。こうして中国を俯瞰してみると、中国のEV化促進が環境のためと言うより、はたまた自動車産業での技術的な主導権を握るためでもなく、経済、軍事の世界においても米国を追い越し世界一の実力を手に入れる為の切っ掛けに過ぎないと分かる。(2017/09/28 07:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授