• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍首相が「安全優先内閣」を選んだ理由

参院選と党内世論重視で守りの布陣に

2015年10月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「未来へ挑戦する内閣だ」――。

 第3安倍改造内閣の発足を受け、7日夜に記者会見した安倍晋三首相。改造内閣についてこう表現してみせた。

再び「経済最優先」へ

 既に「新3本の矢」として①強い経済②子育て支援③社会保障の充実――を打ち上げている安倍首相。この日の会見でも改めて「国内総生産(GDP)600兆円」「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」といった数値目標を口にし、経済最優先の政権運営を進める考えを重ねて強調した。

 先の通常国会での安全保障関連法の審議を巡って政権の体力を大きく消耗した安倍首相。来年夏の参院選をにらみ、「安保」から再び「経済最優先」に軸足を移すことで政権基盤の再強化を図る考えで、内閣改造はそのための貴重なメッセージを発する機会でもあった。

 自民党の一部や経済界などからは、政権の「リセット感」を出す意味で、思い切ったサプライズ人事を期待する声も出ていた。

 だが、安倍首相の頭の中には早い段階からそうした選択肢はなかったと言っていい。この日正式に決定した自民党役員人事と合わせ、鮮明にしたのは「安全優先」と「継続性」というキーワードだ。

 菅義偉官房長官、麻生太郎副総理・財務相、岸田文雄外相、甘利明経済財政・再生相ら主要閣僚は留任させた。派閥を立ち上げたばかりの石破茂地方創生相も続投させ、閣僚19人のうち留任は9人に上った。あえてサプライズ人事といえば、「党内野党」のイメージが強い河野太郎氏の入閣ぐらいだ。

 自民党の役員体制でも、高村正彦副総裁のほか、谷垣禎一幹事長、二階俊博総務会長、稲田朋美政調会長、茂木敏充選挙対策委員長の党四役が留任となった。

 政権の骨格の部分を維持した最大の理由は来年夏の参院選に向け、人事でのミスを犯したくなかったことだ。いくら抜擢人事をしたとしても、不祥事が発覚してすぐに辞任に追い込まれることでもあれば、政権のダメージは大きい。

 「参院選があるし、人事で無理はできないね」。安倍首相は1月ほど前には親しい関係者にこう漏らしていた。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「安倍首相が「安全優先内閣」を選んだ理由」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック