• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三菱UFJ、三毛新頭取が語るデジタルと仮想通貨

2017年10月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年6月に突然、病気を理由に三菱東京UFJ銀行頭取を退任した小山田隆氏の後任となった三毛兼承頭取がこのほど、日経ビジネスなどのインタビューに応じた。マイナス金利導入やグループ経営強化、フィンテックなどデジタル化の急速な進展、台頭する仮想通貨など、様々な環境変化が銀行の経営を揺さぶる中、新頭取はどのように日本最大の銀行を率いていこうとしているのか。

三毛 兼承(みけ・かねつぐ)氏
三菱東京UFJ銀行 頭取
1979年慶応大学経済学部卒、三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。2011年常務。2013年専務執行役員。2016年副頭取。2017年6月頭取に。

突然、頭取に就任することになってから約4カ月が経った。

三毛兼承頭取(以下、三毛):6月10日に赴任先の米国から帰国して、その直後の6月14日に就任するという慌ただしいスタートを切った。就任から200社以上の顧客と会う機会を得たのに加えて、多くの社員と直接対話を重ねた。変革への決意を新たにし、手応えを感じることができた。

来年度早々に3つに組織を再編する

他のメガバンクを含めて、銀行単独ではなくグループとしての連結経営に重心が移っている。銀行の経営環境と、グループの中で求められている役割をどう認識しているか。

三毛:従来は銀行の商品、サービスをしっかり理解し、証券のサービスはそれよりは少し分かっていればよかったかもしれない。今後はグループが持っている機能すべてを理解して、その上で顧客ニーズを理解して先回りして考えることが必要になる。

 中堅・中小企業の取引先は、約34万社ある。非上場のオーナー企業の事業承継をどうしていくか。遺言から始まって、不動産、企業をどうするのか。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のすべての機能を結集しないといけない。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「三菱UFJ、三毛新頭取が語るデジタルと仮想通貨」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長