• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「数年内に未来の世界」、米グーグル幹部語る

米グーグル・アンドロイド担当副社長インタビュー

2015年10月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米グーグルがアンドロイドOS(基本ソフト)の国内シェア向上に本腰を入れ始めた。グーグル製スマートフォン「Nexus」の最新機種を初めてNTTドコモとソフトバンクを通じて10月から販売する。Nexusシリーズは、富士通やシャープなど各端末メーカーへの「リファレンス(お手本)」という位置付け。国内では控えめに展開していたが、市場では格安スマホ勢向けの「SIMフリー」端末として「Nexus 5(2013年秋投入)」が人気を博すなど、大手通信会社からの販売を求める声も多かった。

 さらに日本は世界と比較して、米アップルのiOSのシェアが高い特殊市場。アンドロイドOSのシェアを世界並みに引き上げるためには大手通信会社経由の販売が急務と判断したようだ。来たる「IoT(インターネット・オブ・シングス=モノのインターネット化)」時代に向け、アンドロイドOSのシェアを高め、地ならししておきたいという思惑も見え隠れする。米グーグルでアンドロイドOSを統括するヒロシ・ロックハイマーAndroid担当上級副社長に話を聞いた。

(聞き手は井上理)

日本ではiOSのシェアが世界平均に比べて高い。グローバル並みにアンドロイドOSの比率を高めるには、日本で何をしなければいけないと思っていますか。

米グーグルでアンドロイドOSを統括するヒロシ・ロックハイマーAndroid担当上級副社長。日本人の母親を持つ米国人(撮影:陶山勉、以下同)

ロックハイマー氏:国ごとに状況も違えば、ユーザーさんの好みも異なる。これ1つやれば状況が一変するわけではないと思っています。いろんな端末メーカーや部品メーカーと共同で開発して製品を出していく、というのがアンドロイドのやり方。今回の来日でも、いろんなメーカーさんを回っていますが、会話を続けていくことが重要だと思っています。

 もちろん、通信会社と一緒に売っていくということも大事。2年ほど前ですが、「Nexus 5」というスマートフォン(スマホ)をYモバイルから出させてもらって、これがけっこう売れました。今年の夏も個人的に家族と来日したのですが、地下鉄に乗った時、Nexsu 5を使っている人をかなり見かけました。日本ではそういった経験があるので、今回のNTTドコモとソフトバンクとの取り組みには期待しています。

NTTドコモとソフトバンクがNexusシリーズを扱うのはこれが初めてです(「Nexus 5X」がNTTドコモとYモバイルから、「Nexus 6P」がソフトバンクから販売)。端末としてどんな魅力があるのでしょうか。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「数年内に未来の世界」、米グーグル幹部語る」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官