• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の哨戒機・輸送機には輸出競争力がある

米防衛大手、ハネウェル幹部が指摘

2016年10月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の防衛大手ハネウェル。航空機に搭載する電子機器や各種装置などを手掛け、日本企業との取引も多い。防衛装備品の輸出制限を緩和した日本政府の方針を受けて、防衛ビジネスに変化は生じているのか。アジア太平洋地域の防衛・宇宙部門で副責任者を務めるマーク・バージェス氏に話を聞いた。

ハネウェルのマーク・バージェス氏。英防衛大手BAEシステムズを経て、2013年にハネウェル入社。普段は豪州駐在。東京での国際航空宇宙展の開催に伴い来日した。

ハネウェルにとって日本はどのような市場でしょうか?

バージェス:防衛・宇宙部門では日本は世界でも米国に次ぐ第2の取引規模の有力マーケットとして重視している。陸海空の自衛隊が運用するすべての固定翼機やヘリにはハネウェルの何らかの電子機器などが搭載されているといっても過言ではない。各種の制御機器や飛行記録装置、地上接近警報装置などだ。

 防衛産業を中心に日本企業とのつながりも歴史的に深く、技術面で関係の強固なパートナー企業が15社程度ある。エンジンを中心とする三菱重工業や川崎重工業などとの取引が多い。ライセンスの供与先は50社超にのぼる。日本関連の取引額は具体的には公表できないが、過去3年で約15%成長した。

 日本での長期的な経営基盤を構築するため、企業や政府への営業担当、マーケティング担当など、必要な陣容の強化を進めている。現在進行中の戦闘機「F35」や輸送機「オスプレイ」の日本への導入など、日米間のビジネス拡大に大変期待している。ハネウェルのミサイルの制御システムなどは欧米では実績があるが、日本ではまだ開拓の余地がある。このほか衛星通信などハネウェルの強みを日本で発揮しきれていない分野についてもテコ入れしていく。

武器輸出を禁じてきた日本は2014年、防衛装備品移転3原則を閣議決定しました。平和貢献など一定の条件を満たせば防衛装備品を輸出できるようになりました。日本の政策転換をどうみていますか。

バージェス:ハネウェル社内でも多くの時間をかけて、日本の政策転換の影響について注意深く議論してきた。日本企業は従来も航空機産業などのサプライヤーとして米ボーイングなどから高い評価を得て仕事をしてきた。実績を考えると、防衛装備品マーケットだけを特別視する必要はない。他の産業と同様、少しずつ段階を踏みながら、いずれ日本は相応の存在感を発揮できるだろう。一流の技術があり製品の信頼性も高い。輸出後の維持補修やサービスなどについては豊富な海外ネットワークを誇るハネウェルが協力できる面も少なくないだろう。

コメント4件コメント/レビュー

>C-2はエアバスのA400Mと丸かぶり。プロペラ機ながらペイロードはC-2以上。

先日、防衛装備庁が発表した諸元によれば、最大積載量はほぼ同じ。
20t、30tのペイロードを搭載した際の航続距離では、A400Mを上回る。
ちなみに、A400M側は当初予定の性能。機体重量が超過が生じているらしいので、今その性能を発揮できるかは不明・・・。

>不整地運輸も可。C-2は速度は早いが不整地運用不可。

現状不整地運用能力はないが、不整地運用能力を付加する事は出来るとか出来ないとか。

>運用目的次第では使えない訳では無いが価格面ではどうだろうか?

数年前、A400Mの開発遅延のために投入された「追加予算だけ」で35億ユーロ、対してP-1、C-2の当初の開発予算は「合わせて」も3,400億円。
比較するまでもないような・・・。(2016/10/22 02:36)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「日本の哨戒機・輸送機には輸出競争力がある」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>C-2はエアバスのA400Mと丸かぶり。プロペラ機ながらペイロードはC-2以上。

先日、防衛装備庁が発表した諸元によれば、最大積載量はほぼ同じ。
20t、30tのペイロードを搭載した際の航続距離では、A400Mを上回る。
ちなみに、A400M側は当初予定の性能。機体重量が超過が生じているらしいので、今その性能を発揮できるかは不明・・・。

>不整地運輸も可。C-2は速度は早いが不整地運用不可。

現状不整地運用能力はないが、不整地運用能力を付加する事は出来るとか出来ないとか。

>運用目的次第では使えない訳では無いが価格面ではどうだろうか?

数年前、A400Mの開発遅延のために投入された「追加予算だけ」で35億ユーロ、対してP-1、C-2の当初の開発予算は「合わせて」も3,400億円。
比較するまでもないような・・・。(2016/10/22 02:36)

C-2はエアバスのA400Mと丸かぶり。プロペラ機ながらペイロードはC-2以上。不整地運輸も可。
C-2は速度は早いが不整地運用不可。実績もない。運用目的次第では使えない訳では無いが価格面ではどうだろうか?しかも漸く自衛隊への納入が始まったばかりだ。P-1は米軍のP-8とは違い従来型の対潜哨戒機では最新でありP-8では無くなった時期探知装置(飛び出た尻尾)があります。P-8がB737ベースで高高度運用しかできないのに対しP-1は海面スレスレの低高度運用もできます。P-3Cからの乗り換えには最適かも。ただしC-2もP-1も他機種とは違う重大な問題があります。それはサポート体制をどうするのかと言う点です。高価で高性能な兵器は売り放しということはできません。必ずサポートが必要で、十分でなければ逆に買いません。通常の整備などは指導すれば良いでしょうが1,2年に1回の重整備はどうするのか?ボーイングもエアバスも世界中に整備拠点がありますが川重はどこにもありません。旅客機も売っていませんから。拠点を作るか海外メーカーに委託するか日本で整備するかです。MRJの様な民間機なら提携した会社で整備を委託もできますが兵器はそうは簡単にいきません。機密漏洩も含めて色々な事が必要になるでしょう。その辺もどうするのか。また交換部品の供給なども色々考えなければいけません。川重だけではかなり荷が重いでしょう。国がどこまで本気なのか、かなり本気でサポート体制を支援し国が主体的にセールスしない限り売れないでしょう。また少数を売っても大赤字で下手をすると自衛隊向けの足を引っ張る事も有りえます。その辺も全て勘案しなければ無理でしょう。民間会社が民生品を売るのとは訳が違います。(2016/10/19 21:43)

飛行艇として世界No.1の性能を誇るUS-2はどうですかね?
市場がニッチ過ぎるかな。(2016/10/19 14:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長