• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東芝とサムスン、メモリーで生き残るのは2社

米ベインキャピタルの杉本勇次日本代表に聞く

2017年10月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米ウエスタンデジタル(WD)や台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業などとの争奪戦の末、東芝とメモリー事業会社「東芝メモリ」の株式譲渡契約を結んだ「日米韓連合」。同コンソーシアムを主導するのが、米投資ファンドのベインキャピタルだ。買収の狙いは何か、東芝メモリをどのようにして再び成長させるのか。ベインの杉本勇次・日本代表に聞いた。

(聞き手は小笠原啓、佐伯真也)

ベインキャピタルの杉本勇次・日本代表

紆余曲折の末、9月末に東芝メモリの株式取得に関する契約を結びました。改めて出資の狙いを聞かせてください。

杉本勇次氏(以下、杉本):東芝メモリは(メモリー回路を積層させる)「3Dメモリー」で高い技術力を持っています。しかもフラッシュメモリーの市場自体は成長を続けています。今後、積極的に投資していくことでさらに高い成長が期待できる。東芝メモリに対し、人材や資金、経営インフラなど様々な側面で成長をサポートしたい。これが、ベインが出資する狙いです。

東芝の協業先である米ウエスタンデジタル(WD)やEMS(電子機器の受託製造サービス)大手の台湾鴻海(ホンハイ)精密工業など、各社が争奪戦を繰り広げたことで、かなり厳しいディールになったと思います。実際のところ、何が難しかったのでしょうか。

杉本:大きく3つありますね。まずは、2兆円という非常に大きな資金をどう担保するのかという点。次は、東芝メモリ自身が競争力の高い会社なので、事業会社を中心に関心が高かったこと。3つ目は、半導体という事業、そして雇用という観点から国としても重要な会社だったことです。最後の点については、日本のみならず各国に共通する問題かもしれません。

「独立企業」として日本に残す

最終的にベインを軸とする日米韓連合が勝ち残った理由をどう分析しますか。

杉本:東芝メモリが「日本の独立した企業体として残る」という点をベインがサポートできることが大きかったのではないでしょうか。WDを含めた他の陣営は、最終的に東芝メモリを飲み込むつもりだった。独立した形で将来は株式上場させるというのが決め手になったとみています。

コメント7件コメント/レビュー

不良解析と製造オペレーションのノウハウは違う。
ふつう、どんな製造業にも、ラインエンジニアに相当する職種はあるだろう。(2017/10/24 18:06)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「東芝とサムスン、メモリーで生き残るのは2社」の著者

佐伯 真也

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

家電メーカーで約4年間勤務後、2007年6月に日経BP社に入社。日経エレクトロニクス、日経ビジネス編集部を経て、15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

小笠原 啓

小笠原 啓(おがさわら・さとし)

日経ビジネス記者

早稲田大学政治経済学部卒業後、1998年に日経BP社入社。「日経ネットナビ」「日経ビジネス」「日経コンピュータ」の各編集部を経て、2014年9月から現職。製造業を軸に取材活動中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

不良解析と製造オペレーションのノウハウは違う。
ふつう、どんな製造業にも、ラインエンジニアに相当する職種はあるだろう。(2017/10/24 18:06)

>これまでの報道見ればわかることを、
>わざわざ貴重なインタビュー時間で触れる必要がないから。

これは日経BOさんのコメントですか?

 あのね、私はかつて半導体業界にいて今は投資業界にいるから
よくわかっている、ただこの記事は一般人を対象とした記事だから
わかってない人のほうが圧倒的に多い。
一般の人はスシローやガストがLBOファンドに買収された結果、自らが買収された
資金の返済にキャッシュフローの大半を使ってるって知らない。(2017/10/24 03:42)

ヒドイ話ですね・・。冷静に読んでいけば、
1、仕切り役=リードカンパニーは決まっていない。
2、経営陣は決まっていない。
3、出資者は決まっていない。
4、WDとの係争で勝てる自信はない。和解に応じるかどうかもわからない。
5、ベインは役員を出さない=法的に所有しない=弁済義務は生じない。

・・こんな詐欺みたいな契約、ありますか?

東芝メモリは、5年後には日本にはないでしょう。会社そのものが消えてなくなっているでしょう。その時には今の成毛氏はドロン、ベインも金だけ取ったら、とっとと雲隠れ。

ちなみに上の5項目、全てにおいて、サムスンは明確かつ迅速です。
東芝メモリは潰れます。そしてワリを食うのは、いつも普通の=何も考えていない社員です。
かわいそうに。(2017/10/23 10:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長