• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

絶賛から罵倒へ、地に堕ちた「旭化成ブランド」

横浜のマンション傾斜問題で旭化成社長が会見

2015年10月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 40年以上かけて築き上げてきたブランドに、一瞬にして大きな亀裂が走った。

 三井不動産グループが2006年に販売した横浜市都筑区の大型分譲マンションで基礎工事の施工不良が見つかり、建物が大きく傾いている問題。施工データの改ざんに関与した旭化成建材の親会社、旭化成の浅野敏雄社長は10月20日午後、本社近くで記者会見を開き、頭を深く下げた。

 「居住者の皆様には大変ご迷惑をおかけし、関係各位へのご信頼を損なうこととなりました。深く深く反省し、お詫び申し上げます。居住者の皆様、大変申し訳ありません」

子会社の旭化成建材が行った杭(くい)打ち工事でデータ改ざんが明らかになった旭化成。浅野敏雄社長は時おり言葉を詰まらせ、謝罪の言葉を繰り返した。(写真:都築 雅人)

 現時点で判明している事実は以下の通りだ。

 傾いていることが分かったのは、全4棟の中で西側に位置する11階建てのマンション。建物を支える杭(くい)52本のうち、8本に不具合が見つかった。このうち6本の杭は「支持層」と呼ばれる固い地盤に届いておらず、残る2本は支持層へ到達していたが、深さが不十分だったとみられている。マンション販売元の三井不動産レジデンシャルと、工事元請けの三井住友建設は、建物全体の安全性や地盤調査を進める予定だ。

 問題となっているのは、杭の深度不足だけではない。傾きが判明したマンションを含む3棟で、地盤に固定するために杭の先端に流し込むセメント量のデータも改ざんしていたことが判明。セメント量が足りなければ、杭を固定する十分な強度を保てない可能性がある。重複を除くと、何らかの形でデータの転用や加筆があった杭は計70本に上っている。

三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都築区のマンションで問題が発覚した。(写真:読売新聞/アフロ)

コメント7

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「絶賛から罵倒へ、地に堕ちた「旭化成ブランド」」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長