• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

パナソニック、好決算の影にテスラの火種

韓国LG化学がリチウム電池供給のライバルに

2015年10月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米テスラ・モーターズの電気自動車「テスラ Model S 85」(撮影:大槻 純一)

 パナソニックは29日、2015年4~9月期の連結決算(米国会計基準)を発表した。営業利益は前年同期比13%増の2005億円で、4~9月期としては4年連続で増益となった。国内や東南アジアを中心に白物家電が好調だったほか、車載向けエレクトロニクスも堅調に業績を伸ばした。

 不正会計に揺れる東芝や経営再建を急ぐシャープなど、国内の電機メーカーが苦戦するなか、2018年度の売上高10兆円目標に向けて着実に業績を伸ばすパナソニック。「為替抜きの、実質の増収を積み重ねていく」などで、10兆円へ成長をより確かなものにしたいと津賀一宏社長は力強く話した。

 だが、快走を続ける足元で看過できない動きもある。

テスラが調達先を拡大

 28日、日本経済新聞が同日付朝刊で「LG、テスラに車載電池を供給」と報じると、東京証券市場ではパナソニック株に売り圧力が強まり、同日は一時前日比49円(3%)安の1359円まで下落した。

 電気自動車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズへのリチウムイオン電池の供給は、これまでパナソニックがほぼ独占してきた。現在、米ネバダ州にテスラと共同で電池の新工場を建設しており、2016年にも一部が稼働する見通しだ。

 今回の株価の一時値下がりは、LG化学に調達先が拡大することでテスラへの独占供給の体制が崩れ、パナソニックの今後の収益への影響が警戒されたためだ。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「パナソニック、好決算の影にテスラの火種」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員