• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍政権の追い風になる「TPP11」

成長戦略の柱が前進、対米交渉カードの期待も

2017年11月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国を除くTPP(環太平洋経済連携協定)参加11カ国が新協定の締結で大筋合意した。自由貿易圏としての規模は小さくなるが、ほかのメガFTA(自由貿易協定)交渉を刺激し、トランプ米政権への有効な交渉カードにもなり得る。メガFTAを成長戦略の柱に掲げる安倍晋三政権にとって追い風となりそうだ。

11日までベトナム・ダナンで開催された、米国を除くTPP参加11カ国の閣僚会合。(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 トランプ政権の離脱で瓦解する懸念があったTPP(環太平洋経済連携協定)の再始動が決まった。米国を除く参加11カ国が新たな協定の発効で大筋合意し、アジア太平洋地域で質の高い貿易圏作りを進めるうえでの土台が再構築された格好だ。

新協定の中身は大きく変わらず

 新協定の正式名称は「包括的及び先進的な(CP)TPP」となる。

 大筋合意の内容は米を含むオリジナル版のうち関税撤廃・削減のほか電子商取引など先進的な通商ルールの多くが凍結を免れた。医薬品の開発データ保護期間など20項目については凍結し、実施を棚上げすることになった。これらは米国がTPPに復帰した場合に凍結を解除する。

 一方、カナダが求める自国文化を保護するための例外規定など4項目の扱いが合意に達せず継続交渉となった。

 新協定は6カ国で承認手続きが済めば60日後に発効する仕組みとした。日本など11カ国が2018年の早期に署名し、2019年の発効を目指している。 

 だが、カナダがトランプ政権とのNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の兼ね合いで妥協しにくいなど、4項目を巡る調整や11カ国の結束への不安も表面化している。詰めの交渉が難航すれば署名や発行時期が遅れる可能性がある。

 新協定は世界のGDP(国内総生産)の12.9%、貿易額の14.9%を占める。世界最大の経済大国である米の離脱で自由貿易圏としての規模や経済効果は当初より小さくなるものの、意義は大きい。

 経済面では日本企業のグローバル戦略への追い風が見込まれる。参加国の関税の撤廃・削減に加え、企業が安心して海外に進出し、国境を越えた展開をしやすくするための広範なルール整備が進むためだ。

 例えば日本はベトナムとEPA(経済連携協定)を締結済みだが、完成車や自動車部品を日本から輸出する場合には一定の関税が残っていた。新協定でこれらの関税が撤廃されるため、輸出促進や現地の組み立て時のコスト削減効果などが期待される。

 農林水産物の輸出促進も見込まれる。さらに、ベトナムやマレーシアへコンビニエンスストアや金融機関の進出がしやすくなるなどサービス分野のビジネスチャンスも拡大しそうだ。

コメント2件コメント/レビュー

「TPP11」が直接的に経済効果を出すとは思われない。日本は「TPP11」の中では突出した経済規模なのだから当然だ。元々、「TPP11」は経済効果よりも、むしろ国際ルールをやたらと無視する中国にルールを守らせる為の組織になる意味合いが大きかった。「TPP11」では、恐らく参加国のGDPを合計しても中国一国に叶わないのでは無いかと思う。米国が参加すれば、中国市場の倍以上の規模を誇る訳で、その意味は桁違いに大きくなる。「TPP11」は米国の次期政権を参加させる為の準備をする期間だと思えば、有効に機能するだろう。現在中国に過度に依存している製造拠点を、中国製造拠点は中国市場を主体とし、それ以外の国向けはTPP参加国市場は勿論、欧米向けも含めてTPP加盟国にシフトする体制を今から構築するのが良い。現在は多くの欧州企業が中国を「最大のマーケット」として、中国に人権問題などあっても「見ざる、言わざる、聞かざる」を決め込んですり寄っているが、「中国の倍以上」の然も中国の様に雁字搦めの制約もない自由貿易国群が誕生すれば、視線は当然そちらに転ずる。そうなれば、中国に対してそれまで言い難かった事も言える様になるし、まともな付き合いが始まるだろう。傍若無人な現在の中国政府を「大人の大国」にする為の強力な武器になり得るのがTPPだと思う。その為にも、アメリカ次期政権がTPPに戻って来る様に働きかけ続けるのも日本政府の大事な役割だ。(2017/11/15 17:08)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「安倍政権の追い風になる「TPP11」」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「TPP11」が直接的に経済効果を出すとは思われない。日本は「TPP11」の中では突出した経済規模なのだから当然だ。元々、「TPP11」は経済効果よりも、むしろ国際ルールをやたらと無視する中国にルールを守らせる為の組織になる意味合いが大きかった。「TPP11」では、恐らく参加国のGDPを合計しても中国一国に叶わないのでは無いかと思う。米国が参加すれば、中国市場の倍以上の規模を誇る訳で、その意味は桁違いに大きくなる。「TPP11」は米国の次期政権を参加させる為の準備をする期間だと思えば、有効に機能するだろう。現在中国に過度に依存している製造拠点を、中国製造拠点は中国市場を主体とし、それ以外の国向けはTPP参加国市場は勿論、欧米向けも含めてTPP加盟国にシフトする体制を今から構築するのが良い。現在は多くの欧州企業が中国を「最大のマーケット」として、中国に人権問題などあっても「見ざる、言わざる、聞かざる」を決め込んですり寄っているが、「中国の倍以上」の然も中国の様に雁字搦めの制約もない自由貿易国群が誕生すれば、視線は当然そちらに転ずる。そうなれば、中国に対してそれまで言い難かった事も言える様になるし、まともな付き合いが始まるだろう。傍若無人な現在の中国政府を「大人の大国」にする為の強力な武器になり得るのがTPPだと思う。その為にも、アメリカ次期政権がTPPに戻って来る様に働きかけ続けるのも日本政府の大事な役割だ。(2017/11/15 17:08)

安倍首相はトランプ大統領のサポート役で、着々と存在感を増している。

民進党や立憲民主党の政権だったら、日本は破滅していたに違いない。(2017/11/15 03:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長