• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ユニクロ柳井会長が掲げたインダストリー5.0

東レとの提携進化、取引高は5年間で累計1兆円へ

2015年11月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「多分これは、生産業中心のインダストリー4.0を超える、インダストリー5.0になる」

会見に出席したファーストリテイリングの柳井正会長(写真中央右)と東レの日覺昭廣社長(写真中央左)。ファーストリテイリングの國井圭浩上席執行役員(写真右)と東レの田中英造副社長(写真左)も同席した

 11月17日、ファーストリテイリング傘下のユニクロと東レは、戦略的パートナーシップを発表した。共同で機能性肌着の「ヒートテック」などをヒットさせてきた戦略提携の第Ⅲ期(2016~2020年)について説明した会見で、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長はこう語った。

 「自動車のホンダが30年かけて本田宗一郎が夢見たジェット機を作ったように、我々は繊維産業やアパレル産業、ファッション産業、小売業というものを超えた産業、つまり新しい産業を作りたいと思う」「この5年で、東レとの戦略的パートナーシップを土台にして、ユニクロを世界ナンバーワンのブランドにしていきます」

 柳井会長からは次々に強気の発言が飛び出した。その口ぶりから今回の提携にかける強い思いが感じ取れる。

 ユニクロと東レの関係は長い。きっかけは、ユニクロがフリースブームに沸いた1999年。この頃から取り引きが始まり、2000年の4月、柳井会長は、東レの前田勝之助名誉会長(当時は会長)が「繊維産業は成長産業である」と語ったインタビュー記事を読み、東レに本格的な取引を依頼した。そして翌月の2000年5月から商品の共同開発に着手する。

 2006年には第Ⅰ期戦略的パートナーシップを締結。両社で次世代素材開発プロジェクトを展開し、「エアリズム」や「ヒートテック」、「ウルトラライトダウン」などを生み出してきた。2011年以降の第Ⅱ期戦略的パートナーシップでは、開発した新素材の機能をさらに高めると同時に、世界各地に広がる東レのサプライチェーンを有効活用するようになる。例えば、インナーウエアでは原糸や編み、染色、縫製などで積極的に「チャイナプラスワン」の生産拠点を開拓。主力生産地である中国のほかに、バングラデシュやベトナムでの生産を東レと組んで強化してきた。

 2006~2010年の第Ⅰ期パートナーシップで2500億円程度だった累計取引高は、2011~2015年の第Ⅱ期には6000億円に達する見通しだ。さらに2016~2020年の第Ⅲ期には、累計取引高を1兆円まで増やそうとしている。

 極めて挑戦的な目標だが勝算はあるのか。鍵を握るのが、柳井会長がぶち上げた「インダストリー5.0」だ。

コメント5件コメント/レビュー

東レの素材を使用してのスポーツ用品は成功と思います。やはりスポーツ用品は通気性など素材が良くないと着ていて違うと思います。ユニクロは起用しているスポーツ選手がよいと思います。テニスはジョコビッチと錦織という最強の広告塔と思います。因みにウェアは買いました。ネットでないと購入できないです。後はアイデアとして、有名デザイナーでも起用して通気性の良いスーツを作ってしまっては。売れれば市場は計り知れないのでは。(2015/11/18 20:51)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ユニクロ柳井会長が掲げたインダストリー5.0」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

東レの素材を使用してのスポーツ用品は成功と思います。やはりスポーツ用品は通気性など素材が良くないと着ていて違うと思います。ユニクロは起用しているスポーツ選手がよいと思います。テニスはジョコビッチと錦織という最強の広告塔と思います。因みにウェアは買いました。ネットでないと購入できないです。後はアイデアとして、有名デザイナーでも起用して通気性の良いスーツを作ってしまっては。売れれば市場は計り知れないのでは。(2015/11/18 20:51)

最初に大量生産しつつコストを抑え、低価格で売り切るのがユニクロモデル。

トレンドを見極めてから生産するのでは、「売る期間」が短くなるため大量に作っても売り切れなくなります。

どのアパレルも20年間くらいこの問題に悩んでいるのではないでしょうか?

もしユニクロがこの問題を本当に解決できるなら、「インダストリー5.0」と言っても過言ではないでしょう。(2015/11/18 09:31)

以前の記事でも気になっていたのだが、一体何が欠品していたのかが気になるところだ。
ファーストリテイリングのBSだけ確認すると、棚卸資産が2012年8月期と比較して2014年8月期が2倍以上に膨らんでいるわけだが。(ちなみに売り上げは1.4倍ほど)
2015年の数字がどうなっているかは日経なら情報を持っているだろう…面倒なので交叉比率や在庫回転率を計算はしないが、少なくともこの数字だけを見ると「欠品が相次いで機会損失による売り上げ低下」と読むことには違和感を感じる。
当然、ロットを大きくしたために「売れているものだけ売がれている」という状況かもしれないが、商品別の分析が可能であるはずなのにそれが見えてこない。
少なくとも記事にするのであれば、「トレンドの予測と乖離」「欠品の原因とその際の今までの対策」「欠品に対する今後の施策がインダストリー5.0(これをそう呼びかは個人的には疑問だが)」という記事にするべきだ。
また、同様のコメントが多く残されてることになると思うが、以前(2000年代初頭)と比較して品質の低下を感じている。
私自身は繊維や服飾の専門家でもなく、ユニクロで服も買わない人間だが、インダストリー云々を語るのであれば、まずは品質の向上を目指していただきたいものである。(2015/11/18 09:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長