• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

パリ「ガラガラのルーブル美術館」の深刻度

観光業にじわり広がる同時多発テロの影響

2015年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

パリの同時多発テロ現場では、1週間経っても弔問者が絶えない

 130人の犠牲者を出したパリ同時多発テロ事件から10日あまりが経った。テロの首謀者の1人とされるベルギー人のアブデルハミド・アバウド容疑者は射殺されたものの、犯行に関わったメンバーが依然として逃走中と見られ、欧州は緊迫した状況が続いている。

 そんな中、フランスのGDP(国内総生産)の7%に達する観光産業に、テロの影響がじわじわと現れ始めた。フランスのホテル・飲食業組合の調査によると、パリ市内の飲食業の売り上げは前年同時期に比べ44%下落、ホテルも同様に57%下落した。旅行客のツアーのキャンセルが続いており、美術館やエッフェル塔などの観光施設への影響はこれから広がるとみられる。

 さらに、フランスに続きベルギーでも新たに発覚したテロに対する警戒体制によって、一時的と見られていた観光業へのマイナス影響が長引き、欧州全土に広がるおそれもある。パリの観光産業の実態をリポートする。

通常なら混雑する午後の時間帯のルーブル美術館。行列は通常の半分以下だった

 パリ有数の観光名所、ルーブル美術館。テロ発生から1週間後の11月20日に現場を訪れると、60代の日本人観光客に出会った。

 以前から夫婦2人で欧州旅行を計画していたという男性は、最初に入国した英国で同時多発テロの発生を知った。テロ発覚直後は旅行を途中で切り上げ、帰国することも考えたが、夫婦で相談して続けることを決め、2日前に高速鉄道を使ってパリに入ったと言う。「楽しみにしていた、ルーブル美術館のモナ・リザをどうしても鑑賞したかった」のがその理由だ。

 テロ翌日から美術館などの公共施設が全て閉鎖されたこともあり、入れるかどうか不安だったが、実際に足を運ぶと館内は拍子抜けするほど空いていた。「ガイドブックには、数時間待ちを覚悟と書かれていたが、ほとんど並ばずにモナ・リザを拝むことができた」と男性は言う。

 通常なら、混雑する午後に長蛇の列ができるルーブル美術館の入り口も、人はかなり少ない。美術館の関係者によると、閉鎖が解除された16日こそ、通常並みの観光客が訪れたが、その後は徐々に訪問者が減ってきていると言う。

エッフェル塔も、観光客はまばら。緊張感が漂っていた

 ルーブル美術館と並ぶ観光名所であるエッフェル塔も、その傾向は同じだった。ここも、16日に閉鎖が解除されたが、現在もライフル銃を持った治安部隊が巡回しており、緊張感が漂っている。通常なら4カ所ある頂上へのルートは1カ所に制限されている。しかし、その入場口にも行列はなく、チケット売り場は閑散としている。

 旅行業界のデータ分析を専門とするスペインのフォワードキーズによると、テロ発生後1週間のパリ行きの航空券のネット予約は、キャンセルも含めると前年同時期に比べて101%落ち込んだ。旅行客のツアーのキャンセルも続いており、美術館やエッフェル塔などの観光施設への影響はこれから広がるとみられる。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「パリ「ガラガラのルーブル美術館」の深刻度」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長