• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

バーガーキングが新商品、マックとガチンコ勝負

マック元幹部が100店目前に仕掛ける顧客獲得戦略

2015年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「こっちの“BIG”は大きい、だけじゃない。」

 11月中旬、東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅の改札を出ると、目の前にハンバーガーの巨大なポスターが飛び込んできた。そのサイズに驚いて、よく見ると、そこには「BIG KING」と「直火焼きビーフがうまい」の文字、そしてハンバーガーチェーン「バーガーキング」のロゴなどが書かれていた。

 バーガーキングでは、11月6日から期間限定で、ハンバーガーの「BIG KING(ビッグキング)」を販売している。4.0と5.0の2つのサイズがあり、4.0は直径が約9cmで490円(税込み、以下同)、5.0は直径約13cmで790円だ。12月18日からは、同シリーズの新商品として、「テリヤキビッグキング」と「チキンビッグキング」も発売する。ともに直径約9cmで490円。テリヤキは日本オリジナルのソースを使用し、チキンは米国でも販売されている商品だという。

12月18日から期間限定で発売する「テリヤキビッグキング」(上写真右)と「チキンビッグキング」(同左)。下の写真は、バーガーキングが期間限定で発売している「ビッグキング」。直火焼きに合ったソースを新たに開発した。サイズは、4.0(直径約9cm)と5.0(同13cm)の2つ。実際に食べてみると、肉の味がしっかりとしていて、ソースはチーズにもよく合っていると感じた

ビッグマック持参で割引

 ビッグキングのビーフパティは2枚、パンは3層で、見た目はマクドナルドの「ビッグマック」によく似ている。だが、ビッグキングのビーフパティは、バーガーキングの既存商品と同じく、鉄板ではなく、網に乗せて直火で焼いた「直火焼き」が売り。ソースは直火焼きに合うものを新たに開発した。バーガーキングには主力商品として直径約13cmの「ワッパー」(490円)があるが、ビーフパティは1枚。ビッグキングとはソースも異なる。

 ビッグキングについては、11月29日まで、「ビッグ割」という割引キャンペーンを実施する予定だ。「ビッグ○○」と書かれたレシートか、「ビッグ○○」と名前が付いた物を店舗に持っていくと、4.0サイズが120円引きで370円になるという。マクドナルドのビッグマックを意識しているとみられ、370円というのもビッグマックの価格である。また、バーガーキング・ジャパンのウェブサイドでは、マクドナルドのキャラクターであるドナルドを思わせる「手」が描かれている。

ビッグキングの割引キャンペーンの広告。マクドナルドのドナルドを思わせる「手」が描かれている

 ビッグキングの投入で、バーガーキングの売り上げは好調だ。非上場のため詳細は公表されていないが、「ビッグ割を開始してからの売上高は、前年比プラス16%で伸びている。客数が伸びない外食業界の中で最近の状況を見れば、かなり高い」と、バーガーキング・ジャパンの村尾泰幸社長は話す。16%のうちの8%は客数の増加によるもので、残りの8%は客単価の伸びによるものと説明する。

 ビッグキングの発売当初は、ワッパーを注文していたような顧客がビッグキングに“流れる”様子も見られたが、「ワッパーを頼むお客様は根強くいて、現在ではビッグキングの分が純増となっている。店舗観察によれば、新たな顧客も獲得できている」(村尾社長)と自信を見せる。冒頭の駅構内の巨大なポスターを掲示したのも、今回初めての試みだ。1週間ほど掲示したが、売り上げ増につなげることができたと振り返る。

コメント3件コメント/レビュー

>利用していただければ、直火焼きの良さが分かってもらえて

ライバルの多い飲食業界だからこそ、やはり提供している商品の質に自信がないとね
食べてもらえばわかってもらえるのならば、集客に注力すればいい

だからこういうプロモーションも出来ると

逆にマクドナルドの上層部に他店のハンバーガーと食べ比べをしてどう感じるか聞いてみたい
そもそもターゲットが違う、とでも言うのだろうか(2015/11/25 11:59)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「バーガーキングが新商品、マックとガチンコ勝負」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>利用していただければ、直火焼きの良さが分かってもらえて

ライバルの多い飲食業界だからこそ、やはり提供している商品の質に自信がないとね
食べてもらえばわかってもらえるのならば、集客に注力すればいい

だからこういうプロモーションも出来ると

逆にマクドナルドの上層部に他店のハンバーガーと食べ比べをしてどう感じるか聞いてみたい
そもそもターゲットが違う、とでも言うのだろうか(2015/11/25 11:59)

村尾さんだけじゃないです。CEOの神元さんとか、社員にも大勢、元マクドナルドの社員がいらっしゃいますね。
いずれも、マクドナルドの黄金時代を築いた方々です。

皆さんが何故マクドナルドを辞めたかは、僕の口からは言えませんが。

しかし懐かしいな、村尾さんのお顔見るの久しぶりや。

僕が学生時代にマクドナルドでアルバイトのマネージャーしてた時に、その地区のスーパーバイザーでした。(2015/11/25 11:48)

いまどき「大きい」ことに価値はあるのだろうか。ただでさえメタボだの何だのって言われて健康志向が広まっているのに。(2015/11/25 09:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長