• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界初、エプソンが使用済み用紙の再生機を開発

オフィスで紙を3分で再生、2016年中に発売へ

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2015年12月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 セイコーエプソンは2015年12月1日、使用済み用紙を社内で再生できる機器「PaperLab(ペーパーラボ)」を発表した。使用済みのオフィス用紙を投入すると、約3分で新しい紙に再生させる世界で初めての機器だ。2016年中の販売を目指している。

「PaperLab」は横幅2.6m×奥行き1.2m×高さ1.8m(突起物を除く)と横長の大型冷蔵庫程度の大きさ。紙の再生速度は1分間当たり14枚

 ペーパーラボは「Advanced Paper Project」と呼ぶ社長直轄プロジェクトから出てきた製品だ。環境負荷の軽減意識が高まる中でメーカーとして何かできることはないか、かつインクジェットプリンターなど印刷機を製造してきた同社が今後も生き残っていく戦略的な製品が作れないか、を検討してきた中で開発された。

 機密保持のために社内文書の一部を外部に委託して廃棄処理している企業や自治体は多い。ペーパーラボは機密文書を社内で再生できるため、外部に機密文書を出すリスクそのものをなくせる。まずはセキュリティ意識の高い金融機関や自治体での採用を見込んでいる。

 同日に会見に臨んだセイコーエプソンの碓井稔社長は、「(機密文書だけでなく)一般的な用紙も対象にしていく。ペーパーラボで紙の使い方の概念を変えていきたい」と意気込みを語った。

セイコーエプソンの碓井稔社長は「紙に新たな価値を与え、循環型社会の活性化に貢献したい」と述べた。

 ペーパーラボの開発を担当しているセイコーエプソンの市川和弘Aプロジェクト部長によると、水や薬品を使わないで再生するのが特徴だという。「詳しくは話せないが、紙に衝撃を与えて細かく砕いて繊維に戻し、圧力で成形する仕組みになっている」(市川部長)。

コメント7

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長