• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自動運転時代、ブリヂストンの焦燥

「IoTタイヤ」と「協業」で攻められるか

2015年12月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「タイヤに新しい機能が加わる」――。ブリヂストンは2015年11月下旬、タイヤ内部に搭載するセンサーの情報を基に、路面状態を乾燥・半湿・潤湿・シャーベット・積雪・圧雪・凍結の7種類に判別できる新システムの技術説明会を開いた。2011年11月からネクスコ・エンジニアリング北海道と共同で実証試験を進めてきたが、今回、同社とライセンス契約を結び、道路の雪氷対策に活用されることが決まったという。同日、ブリヂストンは、業務用だけではなく、一般乗用車にも同技術を搭載していく考えを示した。目指すは2020年の東京オリンピック前の実用化だ。

 発表会の大半は開発担当者による技術解説に割かれた。だが、そのほとんどは2011年10月に既に発表されていた内容だった。なぜこのタイミングでブリヂストンは、路面状態判別技術を再び解説したのか。背景には、自動運転時代に備え、自動車メーカーなどと強固なパートナーシップを組みたい同社の思惑がある。

左から、ブリヂストン執行役員中央研究所担当の森田浩一氏、新システムの開発を手掛けた同社中央研究所研究第5部タイヤエレクトロニクス研究ユニットの花塚泰史氏、新システム向けアルゴリズムの開発に尽力した統計数理研究所長の樋口知之氏

 まずは簡単に、ブリヂストンが開発した路面状態判別技術の概要を、実用化されている業務用の場合で見ていく。

1. タイヤの動きをタイヤのゴムの内面に接着した加速度センサーで検知する。

手前がセンサーを搭載したモジュール、奥がモジュールに電力を供給する電磁式振動発電機

 タイヤのゴム内面に接着した加速度センサーで振動を検出。検出した情報をホイールハウス(タイヤを覆っている部品)の内側に取り付けたアンテナを介して自動車側の計測器に送る。

2. 自動車側の計測器で路面状態を判別する。

箱が計測器。中にコンピューターが入っている

 自動車側にある計測器の中にはコンピューターが入っており、送られてきたデータをここで演算処理する。様々な路面を実際に走行して得た波形をブリヂストンが分析したところ、路面の状態によって異なる特徴を示すことが分かった。乾燥・半湿・潤湿・シャーベット・積雪・圧雪・凍結の7種類の特徴を割り出し、それぞれを数値化。これを基準とし、センサーから送られてきた新たな情報と比較することで、路面状態を判別する。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「自動運転時代、ブリヂストンの焦燥」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長