• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MRJ、4度目の延期 商用化へ不安

「2018年」納入は本当に実現するのか

2015年12月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

11月に初飛行を成功させたものの、4度目の納入延期が決まったMRJ(撮影:早川俊昭)

 11月11日に悲願の初飛行に成功し、日本全国を沸かせた国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」。その余韻が冷めやらぬクリスマスイブの12月24日、開発主体の三菱航空機(愛知県豊山町)は愛知県内で記者会見を開き、初号機のANAホールディングスへの引き渡しが「1年程度遅れる」と発表した。従来の2017年4~6月から、2018年へとずれこむ。

MRJの開発スケジュールの変更・延期の経緯
2008年3月全日本空輸(ANA)から受注し、三菱重工業が事業化を発表
2008年4月MRJの設計・開発を担う三菱航空機が設立。2011年初飛行・2013年納入開始を計画
2009年9月主翼などの設計変更に伴い、初飛行を2012年4~6月に、納入開始を2014年1~3月に変更(1度目)
2012年4月開発作業の遅れにより、初飛行を2013年10~12月、納入開始を2015年度半ばから後半に変更(2度目)
2013年8月初飛行を2015年4~6月に、納入開始を2017年4~6月に変更(3度目)
2014年10月MRJのロールアウト(初披露)
2015年4月初飛行を2015年9~10月に延期、米国での試験強化により、納入開始時期は変更せず
2015年10月初飛行を2015年11月に延期、納入開始時期は変更せず
2015年11月初飛行を実施。納入開始時期は「変更しない」と三菱航空機の森本社長が発言
2015年12月対策や試験の追加と見直しにより納入時期を1年程度延期すると発表(4度目)

 三菱航空機によれば、納入延期は完成度の高い機体を目指し、試験項目の追加や見直しなど開発体制全体を洗い直した結果だという。「飛行試験によって深刻な不具合が発覚したのでは?」という質問については真っ向から否定した。ただ、納入時期の延期は2008年の事業化決定以降、今回で4度目。初飛行で弾みを付けたかに見えた受注拡大への逆風になるのは明らかだ。

 「50年ぶりのことだけに、想定が甘いところがあった。知見が足りなかった面もある」。会見で三菱航空機の岸信夫副社長はこう語った。これまで実施した3度の飛行試験の結果は「良好だ」と強調したが、同社が開発スピードを高めるために設置した北米拠点の技術者らのアドバイスを受けるなかで、部品の耐久性試験などの地上試験や機材改修の追加・拡充が必要だと判断したという。

 従来はシミュレーションで済ませる予定だった項目で実物での試験を実施したり、試験に要する日数を従来の想定よりも増やしたりと、今後のスケジュール全体を見直した。一方、飛行試験については従来計画を踏襲。今後は役員クラスを北米拠点に派遣するなど、開発拠点間の連携を一段と強化して、2018年の納入を死守する構えだ。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「MRJ、4度目の延期 商用化へ不安」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長