• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

富士通が放つお宝技術

ゴルフ観戦に“日の丸”映像革命を

  • 高田 学也=日経コンピュータ

バックナンバー

2015年11月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経BP社が12月4日に初めて開催するスポーツビジネスのシンポジウム「Sports Innovation Summit 2015」──。10月に発足したスポーツ庁の初代長官に就任したソウル五輪金メダリストの鈴木大地氏、アシックス社長CEOの尾山基氏が基調講演を行うほか、スポーツビジネスに携わるキーパーソンたちが登壇し、スポーツビジネスの最新動向やビジネスモデル、先端テクノロジーの活用情報、普及に向けた課題などをテーマに議論する。

 この連載では、同シンポジウムの開催に先立って、登壇するキーパーソンの革新的な取り組みなどを描いた関連記事をお届けする(スポーツビジネスのトピックスを紹介する新たなサイト「スポーツイノベイターズオンライン」はこちら)。

 テクノロジーの力で、スポーツの世界を変える――。最新のIT(情報技術)をフル活用すればそれが叶うと、革新に向けて果敢に挑む動きがあちらこちらで始まっている。プロチーム向けに試合で勝利できる黄金律を導き出し提供しようとするものもあれば、ハイアマチュア向けに腕前が加速度的に磨かれる究極の練習法を開発しようと試みるところもある。「スポーツ・イノベーション」の最前線を追った。

 10月16日から18日にかけて、千葉県内で開催された女子ゴルフトーナメント「富士通レディース2015」。例年テレビ中継されるが、今年は異色の試みでゴルフファンの心を大いにくすぐった。受動的なテレビ中継には飽き足らないマニア層を狙って、主催者の富士通がネットを使って大胆な実験的なサービスを提供したためだ。

マニア心をくすぐった二つのサービス

富士通は独自技術を使った実験的なゴルフ中継を今回行った。2種類のネットサービスは11月末まで楽しめる。

 「ネットを導線にして、ゴルフが持つもっと奥深くて素敵な世界へと消費者を誘いたかった。今までにない観戦の楽しみを一人でも多くのファンが知れば、ゴルフ界はもっと盛りあがる。そう考えた」。今回の取り組みを指揮した富士通総研の今村健執行役員は、よどみなく熱い思いを語る。同社は、富士通グループでコンサルティング事業などを手がけており、「富士通が持つ独自技術も盛り込んだからこそ実現できた」(今村健執行役員)と胸を張る。

 具体的にはこんなサービスだ。まず期間中、1番、13番、18番ホールの様子をリアルタイムでネット中継した。時間帯ごとに、盛り上がっている主に2つのホールを選んで見ることができ、本番前のピリピリした空気もネット越しに伝えようと、練習場の光景も楽しめる時間帯も用意した。

コメント1

「イノベーターの軌跡 Sports Innovation Summit 2015プレビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授