• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

古びた2等車で60時間を過ごすには

2015年12月19日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回の記事から読む)

7時間の時差を走り抜けるシベリア鉄道

 9月16日、ハバロフスクからイルクーツクまで60時間半、2泊3日の列車の旅が始まった。4回に分けてシベリアを横断する今回の計画の中で、最長の乗車時間である。

 乗ったのは、ウラジオストク発ノヴォクズネツク行き207列車。朝8時9分にハバロフスクを発車して、イルクーツクは翌々日の18時35分着。単純に計算すると58時間半だが、時差が2時間あるので、実質60時間半になるわけだ。

12両編成の207列車。途中にかなりの勾配があるので、機関車は重連(2両)だった。オブルチエ駅にて

 実は、シベリア鉄道の両端にあるウラジオストクとモスクワでは、時差が7時間あり、7日間で7つの時間帯を横切っていく。おおざっぱにいうと、24時間走るたびに、時計を1時間戻すことになる。

 もっとも、それでは鉄道を運行する側としては煩雑過ぎるので、シベリア鉄道の時刻はすべてモスクワ時間で管理されている。だから、ハバロフスク8時9分発の列車は、駅の時刻表では夜中の1時9分発と表示されていて、慣れないうちはひどく戸惑うのである。

比較的小さな駅にもこまめに停まるこの列車は、沿線住民の足でもあった

 妻には、「今度は2等車だから、前に乗った1等車とは違うからね」と念を押しておいた。「でもね、ロシア人と同室になるのもおもしろいかもよ」とも付け加えておいた。

 前回の旅でも、2等車ではロシア人や外国人旅行者とさまざまな交流があって、いい思い出となっている。はたして今日は、かわいい女の子がいるか、インテリのおじさんがいるか、賑やかな家族連れがいるか、うきうきしながら客車に乗り込んだのであった。

ロシアの列車で階級の格差を実感

 ところがである。客車に入ったとたん、すえたような臭いが鼻をついた。もやっとしたぬるい空気の中で、体臭と食べ物の臭いが混じり合って車内に漂っているのだ。ウラジオストク始発の列車だから、既に1晩走ってきたあとだったのである。

 しかも、隣の線路に停まっている貨物列車が朝日をさえぎっているので、車内が薄暗い。浮かれた気分は一気に吹っ飛んでしまった。

これが2等車のコンパートメント。第1回で紹介した1等車とは大違い。とくにこの列車の車両は古びていた

 私たちの寝台番号が記されたコンパートメント(個室)のドアを開けると、やけに古びた室内の様子が目に飛び込んできた。それは、34年前に乗った車両よりも、ずっと薄汚れて見えた。しかも、ひどく汗臭いのだ。

 さすがの私も一瞬たじろいだ。

 「これは牢獄だ!」

 よく見ると、上段のベッドに先客の若い男性がいた。上半身裸で、ここが汗臭さのもとだと分かった。

 「こんにちは」とロシア語であいさつすると、「んー」という声が返ってきた。

 「こりゃ、のどかな交流どころじゃないぞ!」

 私が愕然としているくらいだから、妻は前回の1等車との格差にさぞ驚いただろう。しばらくは、無言のままで買ったばかりのカメラをひたすらいじっていた。

質素な2等車の通路。壁には、この列車の時刻表が貼り出されている

 まもなく、車掌の女性がビニール袋に入ったシーツ、毛布カバー、枕カバー、スリッパ、歯磨き、タオルを配給してくれた。布団と毛布は既に置いてあるから、シーツやカバーを自分でセットするのである。1等車は、乗ったときにすべてが用意されてあったので、ここもまた大きな格差である。

コメント6件コメント/レビュー

30年以上前会社に入りたての頃シベリア鉄道に乗ってみたいと言ってたことを思い出す。これが口だけだったのはその後、香港・上海に駐在していた8年間で一度も思いつかず。その後モスクワに3年間駐在した時も、ロシア内の移動は殆ど飛行機(出張だったのでのんびりと列車に乗ること自体不可能だった)。唯一の例外はモスクワ-サンクトペテルブルグ 帰りは飛行機だが行きは豪華特急列車4時間揺られていった。ただ景色は30分で飽きてしまったことを思い出した。シベリア鉄道は今でもちょっと乗ってみたい気持ちがあるが、せいぜいノボシビルスク辺りを1-2日だけ乗ればきっと飽きてしまうような気がする。(2015/12/21 10:18)

「30年の時を超える 大人のシベリア鉄道横断記」のバックナンバー

一覧

「古びた2等車で60時間を過ごすには」の著者

二村 高史

二村 高史(ふたむら・たかし)

フリーランスライター

1956年東京生まれ。東京大学文学部卒。小学生時代から都電、国鉄、私鉄の乗り歩きに目覚め、その後も各地の鉄道を乗り歩く。現在はフリーランスの物書き。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

30年以上前会社に入りたての頃シベリア鉄道に乗ってみたいと言ってたことを思い出す。これが口だけだったのはその後、香港・上海に駐在していた8年間で一度も思いつかず。その後モスクワに3年間駐在した時も、ロシア内の移動は殆ど飛行機(出張だったのでのんびりと列車に乗ること自体不可能だった)。唯一の例外はモスクワ-サンクトペテルブルグ 帰りは飛行機だが行きは豪華特急列車4時間揺られていった。ただ景色は30分で飽きてしまったことを思い出した。シベリア鉄道は今でもちょっと乗ってみたい気持ちがあるが、せいぜいノボシビルスク辺りを1-2日だけ乗ればきっと飽きてしまうような気がする。(2015/12/21 10:18)

シベリア鉄道沿線の様子が分かり大変参考になった。若い時から現地はどうなっているのか知りたかったが、ソ連時代なので情報量が少なく、満州に雪崩れ込んできたとかシベリア抑留とかで日本人に反感があり、更にソ連に興味を持つと共産主義者か、と思われたりするので、断片的な情報(特に、限られた白黒写真付きの記事)に甘んじていた。アメリカ横断鉄道の記事は多いのに。今回の取材はアンバランスを除去するのに役立ち、隣国ロシアへの理解を深める契機としたい。(2015/12/21 00:44)

ーー 続き --
その中で。一番の思い出は高校1年の時に、南九州へ4泊5日(車中2泊)の一人旅に行ったときです。
品川(お盆で品川始発でした)から、桜島・高千穂の桜島1号車(スハ43?)で西鹿児島(今の鹿児島中央)まで約26時間(川内で信号機故障で約2時間の遅延で28時間乗車)乗りとおし、西鹿児島で降りた時に、大学生4人組から声を掛けられ(さすがに西鹿児島で東京から同じ車両に乗っていたのは彼らだけでした)、どこ行くのって話になって、彼らは鹿児島から船で沖縄に行くと言うのでビックリしました。(当時、沖縄へ行くのに一番安いルートでした)でも、広島まで立ち客がいましたよ。
自分は、桜島観光(観光バス)で枕崎泊(伊集院経由鹿児島交通)・鹿屋泊(大隅線・日南線)・佐多岬・宮崎と乗り、宮崎から高千穂で東京へ帰ってきました。
その時に、大隅線で乗ったキハユニ26の座席は、桜島の灰で真っ白でした。
昔は、周遊券で急行の自由席までは乗れたので、それで東北や北海道まで旅行したものです。
数年前に、18キップでムーンライト越後に乗り新宿から新潟・新発田・折り返し柏崎(新潟・越後線経由)・直江津・糸魚川・南小谷(往復キハ52乗車)・糸魚川・富山(高山線経由)・名古屋・金山泊。金山・名古屋・多気・和歌山泊(紀勢線経由)。和歌山・吉野口(和歌山線)・吉野神宮(近鉄)・吉野口・奈良(桜井線経由)・関西線・環状線で新大阪、新大阪からこだま(プラットこだま)で東京と乗り歩きました。これも楽しかったです。また、18キップ使って乗り歩きに行きたいです。
この後も楽しみにしています。(2015/12/20 22:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長