• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中野信子氏「日本人は、脳科学的に英語が下手」

  • 日経グローバルゲート

バックナンバー

2015年11月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今や日本人の「英語下手」は、世界でもかなり有名なのだという。なぜ、こんなに日本人は英語ができないのか。その一方で、日本語が達者な外国人が増えているような気がする。国同士が陸続きの欧州では、数カ国語を操れるというのは当たり前。こちらは英語一つでも苦労しているのに、彼らはなぜ……?

 今回、「日経GLOBAL GATE」では「IT企業に勤める外国人は日本語がうまい」というまったく根拠のない“あるある”に基づき、実際、数人の方々に「日本語マスター法」について聞き込み調査を敢行した(こちらのレポートは、「日経GLOBAL GATE 2015 Autumn(Kindle版)」をご覧ください)。その結果、彼らに共通した大きなポイントは2つ。

1:日本の文化が好き
2:間違えることを恥ずかしいと思わない

 そこで気鋭の脳科学者、中野信子さんにズバリ尋ねた。「日本人と外国人の語学脳に違いがあるのか?」。脳科学的見地から分析してもらった結果、はたしてその真偽はいかに――。

プログラミングと言語には共通点がある

編集部: 今回の企画では、日経GLOBAL GATE編集部員の経験談や勝手な思い込み(?)により「IT企業に勤める外国人は日本語がうまい」という“仮説”を立てたのですが、そもそもITと語学に相関はあるのでしょうか。

中野信子さん(以下、中野): 実際に何人かそうした外国人の方に会われたんですよね。みなさん日本語が上手でしたか?

編集部: はい、どの方も本当に日本語がペラペラで、しかもおもしろい人たちばかりでしたよ。

中野: えっ、そうなんですか? 私の知ってる日本語が上手な外国人って、つまんない人が多いんだけどなあ……。という冗談はさておき(笑)、大まかには、プログラミング言語は人間の言語(自然言語)の認知方法を基に作られています。だからIT系の人はそれほど抵抗をもたずに、語学の学習ができると考えられます。

 「ユニバーサルグラマー(普遍文法)」という概念があって、日本語、英語、どの言語であっても、言葉による認知の方法は、大きく違わないといわれています。たとえば「話す」とか「取る」といった基本的な動作を表す動詞や、身近な物を指示する名詞は、どの言語にもありますよね。それらを概念化して認知し、単語を組み合わせて文章を構築するという基本的な流れは、どの言語でも違わないだろうという考え方です。プログラミング言語も同様です。

編集部: つまり、言語とプログラミング言語の認知方法は同じで、ITの技術者はその方法に慣れているから、言語の習得にもそれほど違和感がないということでしょうか。

中野: 習得に共通の基盤があると考えるのが自然だろうと思います。

コメント24件コメント/レビュー

遺伝で説明できちゃうのがすごいです。遺伝って言っただけで根拠あるみたいですごいです。脳がよろこぶとか言わないのが残念です(2015/12/07 21:08)

「世界で夢をかなえるニッポン人 From 日経GLOBAL GATE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

遺伝で説明できちゃうのがすごいです。遺伝って言っただけで根拠あるみたいですごいです。脳がよろこぶとか言わないのが残念です(2015/12/07 21:08)

セロトニンはわかりませんけど、日本人て英語だけでなく中国語もタイ語も全然だからなあ。
いくら勉強しても後から始めた外人に抜かれるのは、認めたくないけど日本語が音数が少なく聞き取れる音が少ない、ようは音感が悪いからとしか思えないです。
実際、音楽家って英語得意な人多い気がする。
文字も表意文字で発音を意識しなくてもだいたい意味が通るし。
日本は偉い論もいいけど日本語訳がなんでも読めるのは過去の遺産ですよ。(2015/12/05 19:29)

外国人は失敗を恐れない為、上達が早い、日本もそういう環境作りを。という所などは同感です。また、私も英語が苦手な為、脳の機能が解明されて効率良い学習ができることを切望します。脳の調査方法について、ですが、一般的な人で調べても微妙な差しか解らず、それが原因と推定する方法には疑問を持ちます。それよりも天才の脳を調べる方法が効果的ではないか。と思います。例えば、シュリーマン、シャンポリオンは数十か国語を自在に操ったと聞きます。10か国語くらい話せる人達を研究すれば脳の違う部分を使っているのではと思います。ついでに、環境要因ですが、日本は実は狩猟期間が最も長かったとNHKで少し前にやっていました。四季の影響か果実が多かったようです。花粉分析からクリなどを栽培してたようです。シャレドダイヤモンドもめずらしいと言っていました。日本=農耕=村社会という概念も崩れそうな結果ですね。原因は他にあるのか。紀元後の社会環境な気がします。カエサルによるオープンなヨーロッパ。中国の宦官派閥。これが原因かもしれない。(2015/12/05 16:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長