• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1年修業すればSUSHI職人になれる

  • 日経グローバルゲート

バックナンバー

2015年12月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「卒業生で就職先に困る生徒はいませんよ。卒業生のほぼ3割は海外で今もSUSHIを握っています」――。頼もしい現況を伝えてくれたのは、東京すしアカデミー創設者の福江誠氏。「えっ。ホント?」「たった1年でSUSHI職人になれるの?」。今回は世界中でモテモテ(らしい)、寿司職人のグローバル展開に迫る。

30年で大きく変動、世界の日本食ブーム

 2002年に東京すしアカデミーを創設して14年。送り出した卒業生の数、約3000人。そのうち約3割が、今も海外で寿司シェフや寿司店オーナーとして活躍しているという。

 東京すしアカデミーを創設し、現在も代表として世界の寿司業界を俯瞰(ふかん)する福江誠氏は、そもそも異業種の出身。経営コンサルタント会社で寿司ビジネスに携わったのが、この世界に足を踏み入れるきっかけだった。

 アメリカに何度も視察に出かけるうち、定点観測をするようになり、日本食ブームの過熱ぶりを目の当たりにしたという。

 アメリカの日本食レストランは、バブル期の駐在員向けから、90年代は松久信幸氏の「NOBU」に代表される、ネオジャパネスクの時代に。

 「ニューヨークのビジネスマンは、箸(はし)も上手に使うし、刺身も積極的に食べるようになった。日本食ブームは成熟しつつありましたが、さらに求められていると確信しました」

海外の数多くの寿司店をリサーチし、SUSHI職人の非常に強いニーズを確信した福江誠氏

「なんちゃって和食」にモノ申す!

 長年にわたって続いた日本食ブームに真っ先に乗ったのは、ビジネスセンスのある中国人や韓国人だった。東洋の顔をした彼らは、本場の日本食を味わったことなどなくても、見よう見まねで日本食を作る。それでも海外ではウケた。

 「実際、ニューヨークなどを歩いてみると、日本食の店なのに、日本人が育っていないことを実感しました。じゃあ、育てて海外に送り出そうじゃないか、と。それにはスクールというより、寺子屋的な場所がいいのでは、と思いました」

 時は2000年。シドニー五輪を契機に、オーストラリアでも日本食熱が高まっていた。その年、福江氏は会社を立ち上げ、それから2年後、東京すしアカデミーを設立するに至ったのである。

(写真:shiga masato/PIXTA)

コメント9

「世界で夢をかなえるニッポン人 From 日経GLOBAL GATE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長