• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

香港人が和歌山を好むワケ

地方送客のカギは「ユーザーイン」の視点

2015年11月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネス11月30日号の特集「おらが村のインバウンド

 訪日観光客の勢いが止まらない。「2020年に年間2000万人」の目標は既に射程に入り、さらに4000万人に引き上げる案も浮上する。そうした中、一部の観光都市にとどまっていた効果が地方に波及し始めた。日本人が魅力的に捉えなかった、何気ない田舎の日常風景。それが外国人の目には新鮮に映り、貴重な観光資源に変わる。観光資源がないと諦めていた「おらが村」に外国人を呼び込む。インバウンドの第2ステージ、それは地方創生の原動力になる。

 日経ビジネス11月30日号の特集「おらが村のインバウンド」では、インバウンドの第2ステージにいち早く取り組み始めた企業や地域の成功例や失敗例を提示し、成功の秘訣を探った。この連載では、特集の連動企画として、誌面では紹介しきれなかった地方の先進的な取り組みの詳細をリポートする。

和歌山市の海沿いにあるリゾート施設「和歌山マリーナシティ」の中にある「黒潮市場」。マグロの解体ショーをお目当てにした外国人観光客でにぎわう

 「2020年に2000万人」という訪日外国人の目標値を「2020年に3000 万人」や「2020年に4000万人」に引き上げる議論が浮上している。この目標の達成は簡単ではない。今は「円安」という外国人観光客にとって追い風が吹いている状況だ。だがその風もいつやみ、また逆風となるかは分からない。好調な今こそ、たとえ環境が変わっても観光客を大幅に減らさないための仕組みづくりが必要だ。

 その1つが「リピーター作り」だろう。外国人観光客が「日本は見尽くした」と思わないよう、彼ら彼女らが「知らない」日本の魅力を発信する必要がある。

 新たな魅力の発信地、それが地方だ。地方への送客が、外国人にとって新しい発見となり、また受け入れる自治体にとっても地元経済の活性化につながる可能性を秘める。実際、外国人観光客のリピーターは自ら日本の地方に足を延ばし始めている。

 海外の日本ファンはどこを目指すのか。リピーターとして先陣を切る外国人の動向や嗜好を見れば、今後のインバウンド戦略の参考にもなる。

「時間をかけて香港と台湾にPRしてきた」

 「世界で一番日本好き」と言われるのが、香港の人々だ。訪日のリピート率は世界の国・地域で最も高く、驚異の82.2%(観光庁調べ)に上る。

 JNTOの調査によると、昨年訪日した香港人の2割が「10度以上訪日経験がある」と答えた。東京から京都、大阪という日本が誇る観光都市を結ぶ「ゴールデンルート」を卒業した香港人の日本通が目指す場所はどこなのか。

 JNTOの香港事務所はこの1年で2回、日本好きの香港人に対して「直行便を飛ばしてほしい日本の都市」を調査している。これは直行便が飛んでいない地域の「人気投票」でもある。

 トップは北海道の函館市。景色がきれいで海の幸に恵まれるものの直行便はなく、新千歳空港から移動しなければならない。冬には雪が見られる函館はアジア全体でも特に人気が高く、納得のトップだ。そんな中で、その函館に次ぐ2位に毎回つけるのが和歌山県だという。なぜなのか。

コメント2

「おらが村のインバウンド」のバックナンバー

一覧

「香港人が和歌山を好むワケ」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長