• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国人団体客は観光産業の発展に貢献しない

台湾政府観光局が考える、国を富ます観光戦略

2015年12月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 訪日観光客の勢いが止まらない。「2020年に年間2000万人」の目標は既に射程に入り、さらに4000万人に引き上げる案も浮上する。そうした中、一部の観光都市にとどまっていた効果が地方に波及し始めた。日本人が魅力的に捉えなかった、何気ない田舎の日常風景。それが外国人の目には新鮮に映り、貴重な観光資源に変わる。観光資源がないと諦めていた「おらが村」に外国人を呼び込む。インバウンドの第2ステージ、それは地方創生の原動力になる。

 日経ビジネス11月30日号の特集「おらが村のインバウンド」では、インバウンドの第2ステージにいち早く取り組み始めた企業や地域の成功例や失敗例を提示し、成功の秘訣を探った。この連載では、特集の連動企画として、誌面では紹介しきれなかった地方や海外の先進的な取り組みの詳細をリポートする。

台湾では、古い公共施設をリノベーションし、おしゃれなショップやアートの展示場が集まるエリアへと生まれ変わらせる試みが各地で進んでいる(写真:賴 光煜)

 人口約2300万人に対し、年間991万人もの外国人観光客が訪れる台湾。アジアでも有数の観光先進エリアだが、続々と訪れる中国人団体客をあえて制限するなどの政策も取る。目先のビジネスチャンスを棒に振ってまで守ろうとしているポリシーとは何か。台湾政府観光局の劉喜臨副局長に聞いた。

日本では豊富な観光資源があってもなかなか観光客が来てくれないと悩んでいる地方自治体が多いと耳にします。台湾では地方を訪れる外国人が増えていて、外国人観光客数の底上げにもつながっていると聞きます。どうやって集客につなげているのでしょうか。

:おいしいグルメや景色だけをいくらアピールしても観光客には何も響きません。観光客の求めるものや嗜好に沿った訴え方が必要だと思っています。

 現在、多くの観光客が訪れている地方都市、台南市を例に挙げてみましょう。台南は古い町並みやお寺、史跡の集まるエリアでしたが、近年は古い建物を改装したホテルやカフェも増えてきており、現代的な様相も感じられます。1つの街でいろいろな楽しみ方ができます。

 台南に関して、我々は若い旅行者に対しては自分で歩いて回れる花園夜市や少しごみごみした路地裏のカフェ、アート作品に触れられるようなエリアをお勧めしています。しかしファミリー層やシニア層にはこのような場所は向きませんね。

 彼らには安平古堡(あんぴんこほう)のような17世紀のオランダ統治時代の史跡を中心に回ってもらうと共に、泊まるホテルももう少しランクの高い所を勧めています。交通手段も観光シャトルバスを使ってもらうようにします。

 年齢別のアプローチだけでなく、国別のアプローチも必要不可欠だと考えています。ありがたいことに、最近日本から台湾に来る観光客は「女子旅」と言いましょうか、2~4人のグループが多い。なので彼女たちには良縁に恵まれるお寺などを推奨していました。

 でもある時、人間関係で自分の足を引っ張っている人を追い払うご利益のあるお寺を勧めてみたところ、すごく食いつきが良かったのです。日本の女性は会社の人間関係でいろいろな悩みがあるのでしょうか。今ではすごく人気のあるお寺になっています。

コメント4件コメント/レビュー

私は30年ほど前に企業留学生として台北に1年間居住しましたが、台湾の皆さんの日本人に対する心優しい感情には驚きました。(その翌年には北京大学に留学しましたが、反日教育を大学でやっていることに驚き、授業には1年間で1時間しか出席しておりません・・・両国の民度のギャップに驚きました)
その後、仕事でも北京でも、台北でも仕事をして長期滞在を繰り返しましたが、やはり、台湾の(台北)の巷間の楽しみは今でも忘れることはありません。
やはり、観光を作るのは現地の人々であり、その人々と会うことで外の世界を知ると言うのが「旅の楽しみ」だと思います。(中華人民共和国にはここ20年間では一切行っていません・・・時間と金銭の浪費なので)(2015/12/02 20:15)

オススメ情報

「おらが村のインバウンド」のバックナンバー

一覧

「中国人団体客は観光産業の発展に貢献しない」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は30年ほど前に企業留学生として台北に1年間居住しましたが、台湾の皆さんの日本人に対する心優しい感情には驚きました。(その翌年には北京大学に留学しましたが、反日教育を大学でやっていることに驚き、授業には1年間で1時間しか出席しておりません・・・両国の民度のギャップに驚きました)
その後、仕事でも北京でも、台北でも仕事をして長期滞在を繰り返しましたが、やはり、台湾の(台北)の巷間の楽しみは今でも忘れることはありません。
やはり、観光を作るのは現地の人々であり、その人々と会うことで外の世界を知ると言うのが「旅の楽しみ」だと思います。(中華人民共和国にはここ20年間では一切行っていません・・・時間と金銭の浪費なので)(2015/12/02 20:15)

台湾はいいところのようだ。一度行ってみたい。「おらがおらが!」で招くより,外国人,観光客目線で「おらが村」を見直すと案外「お宝」が眠っているということだろう。結局良い「人のつながり」をどうやって作るかが大事ということ。ちょっと月並みな感じもする。(2015/12/02 16:24)

日本は台湾に比べると国土の広さの違い、未だ団体が全く来てないエリアもあるので、一概には言えないものの、団体客の制限は傾聴に値する考えだと思います。台湾の西側に行き慣れた各位においては、個人的には台東や花蓮が南国を感じさせつつ、寂寥感もあってオススメです。(2015/12/02 10:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長