• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

集団的自衛権「合憲」学者の論理と倫理

九州大学法学部准教授・井上武史氏

2016年5月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年、安保法案に多くの憲法学者が「違憲」の声を上げた。だが極めて少数だが、「合憲」と発言した者もいる。そのあと彼の身に何が起きたか。その主張についてじっくり聞いて見た。憲法学者の姿、2回目は九州の新進気鋭の学者を紹介する。

安保法案を機に浴びたバッシング

井上武史(いのうえ・たけし)
1977年生まれ。京都大学法学部卒。指導教員は大石眞教授。岡山大学准教授、パリ第1大学客員研究員を経て、2014年10月より九州大学大学院法学研究院准教授。「結社の自由の法理」(信山社)で田上穰治賞受賞。趣味はマンドリン音楽、九州の温泉めぐり。

 ツイッターに名指しで「殺してやる」と書かれた。警察に被害届けを出した。

 大学に「あんな奴を雇っていていいのか」と電話も掛かってきた。事務局は無視してくれた。

 同業者にフェイスブックで「化け物」と書かれ、テレビ番組で「ネッシーを信じている人」と揶揄された。

 「ふだん少数者の人権を守れって言っている人が、矛盾していないんですかねえ」と、九州大学法学部准教授の井上武史は苦笑する。

 井上がバッシングを浴びるようになったのは、昨年、安保法案についてのメディアからのアンケートで、「集団的自衛権は合憲」という論陣を張ったからである。最初に東京キー局からのアンケートに「合憲」と答えたら、中間報告で違憲論者が約50人、合憲論者は井上ただひとりだった。

 「番組で私の見解が紹介されたとたん、ツイッターで『変な奴が出てきた』とか一斉に書かれましたね」

 そのあと朝日新聞社のアンケートにも回答したら、安保法案が「憲法違反だ」「違反の可能性がある」と答えた学者が115人いたのに対し、「違反には当たらない」と答えたのは井上を含めて2人だけだった。その井上の詳しい論立ては同社のホームページで確認していただくとして、その骨子をまとめるとこうなる。

(1)一般論として政府が憲法解釈を変更することに憲法上の問題は無く、政治的責任を負うだけである。

(2)集団的自衛権は国際法上、国に認められた権利であり、日本国憲法はそれについて禁止も肯定もしていない。

(3)学説の価値は多数決や学者の権威で決まるものではない。

コメント39件コメント/レビュー

憲法にはっきりと書かれている間接民主主義を否定する人が、井上先生を否定し、憲法の墨守を叫ぶ事がよく分かりました。変えるなと言いながら認めていないだなんて、思いっきり笑わせてくれるコメントが多くて楽しめました。(2017/05/17 21:33)

「今だから知りたい 憲法の現場から」のバックナンバー

一覧

「集団的自衛権「合憲」学者の論理と倫理」の著者

神田 憲行

神田 憲行(かんだ・のりゆき)

ノンフィクション・ライター

1963年、大阪市生まれ。関西大学法学部卒業。大学卒業後、ジャーナリストの故・黒田清氏の事務所に所属。独立後、ノンフィクション・ライターとして現在に至る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

憲法にはっきりと書かれている間接民主主義を否定する人が、井上先生を否定し、憲法の墨守を叫ぶ事がよく分かりました。変えるなと言いながら認めていないだなんて、思いっきり笑わせてくれるコメントが多くて楽しめました。(2017/05/17 21:33)

憲法は変更すべからずというタブーを設けずに、国際政治の現状や国民の意識や生活環境変化等々を織り込んで、広範な議論を始める時が来たと思っている。井上先生の積極的な発言を期待する。(2016/07/17 22:26)

記事を読むと見方を変えれば解釈も変わるということがよく分ります。専門的な分析になるので、井上氏の考え方が正しいのかはよく分りません。ただ問題なのは、違憲派の人とちゃんと論理的な議論がなされないことです。個人的には、言葉ではなくて、論文などで議論を戦わせてほしいところです。それを今回記事を書いた記者の方に紹介解説してもらえればと思います。
△憲法改正の議論が冷静になされてないのは、まず、多くの人が政府を信用していないことが大きいと思います。改正は必ず多くの国民にマイナスになるようになされると感じているからだと思います。なぜそうなるかといえば太平洋戦争時のことがあるからでしょう。結局憲法を変えたいなら政府は、当時と違うということを国民に信用させないとダメなんですよ。でも、自民党の憲法草案など読むととても信用できません。当時を懐かしんでいるような印象すらうけます。これでは「改憲=戦前回帰への一歩」と考える人達が大勢でてくるのは仕方がないのでしょう。そうなれば冷静な議論は出来なくなってしまいます。残念でなりません。
△改憲の議論は、原発の議論と似ていると感じました。概念を戦わせるだけで、本当は何が問題で、何を良くするといいのかを議論しないのです。結果マイナスばかりになります。(2016/07/14 21:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長