• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三井住友銀、「自分が就職先を選ぶ」気概が必要

人事部採用グループ長の中村浩一郎氏に聞く

2016年1月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 メーカーや商社に比べてドメスティックな印象が強かったメガバンク。だが、近年急速に国際展開を進めている。三井住友銀行の中村浩一郎・採用グループ長は顧客本位の姿勢に加え、グローバルな志の重要性を強調する。

どのような人材を求めていますか。

中村:まず、人としっかりした関係を作れる人ですね。銀行ではチームを組んで進める仕事も多く、周囲から信頼され、絆などを構築できる人が望ましいです。さらに責任感を持って、困難から逃げずに仕事に向き合っていくことが大事です。常に経済動向など金融業の現場を取り巻く環境は変化しており、それらに柔軟に対応できる心構えも必要になるでしょう。

三井住友銀行の中村浩一郎・採用グループ長は「面接では本音でしゃべってほしい」と語る

 さらに言えば、グローバルに活躍する志、意欲を持っている人ですね。実際に海外に行くだけでなく、国内にいても海外情勢への意識、感覚を持って過ごすことは重要でしょう。

 そして個性豊かな人です。三井住友銀行では多様性への対応、個性を尊重する取り組みを進めています。銀行に過度に合わせる必要はありません。採用ではしっかりと自分の個性を見せてもらえばと思います。

銀行業を目指す人に伝えたいことを教えてください。

中村:銀行はサービス業であるとの意識をしっかりと持ってもらいたいですね。顧客のことを考え、一歩先を行くサービス、アイデアを提案することに仕事のやりがいがあります。

 「銀行員」と聞くと、「言われたことをこなしていくだけ」というイメージを抱く人がいるかもしれませんが、決してそうした定型業務だけではありません。例えば、顧客企業の生き残りのために的確なアドバイスをしたり、事業成長のためにマッチング業務を行ったり、創意工夫が問われます。

コメント0

「就活2017 徹底攻略+業界対策」のバックナンバー

一覧

「三井住友銀、「自分が就職先を選ぶ」気概が必要」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長