• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「社員が育たない症候群」の原因って一体……

「一人残らず成長してほしい」と社長がまず願う

2015年12月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中小企業を中心に300社以上の社長の経営相談に乗り、9000人以上の社員を育てている、経営コンサルタントの東川広伸氏。「手間ひまはかかるものの、残念な社員を自分で考えて動く一流に変えることはできる」との信念を持つ。大企業に比べて、お金などの経営資源に乏しい中小企業でも、一流社員を育てることができる秘訣とは何か。1回目は、最も大切なトップの心構えについて、解説してもらう。

 「東川さん、どうすれば自分で考えて動く社員が育ちますか」。私はこれまで経営コンサルタントとして、中堅・中小企業の多くの社長から経営相談を直接受けてきました。ほとんどの社長に共通するのが、こうした「人財」育成に関する悩みです。

「社員が育たない原因の大元は実は社長自身のせい」と話す東川氏

 「社員が育たない症候群」。この症状が最近、深刻になっているように感じます。どの会社でも、自分で知恵を働かせて価値を創造する社員━━私は「自創社員」を呼んでいます━━を育てたいと考えています。でも、なかなかうまくいっていないのが現実です。

 若者の数が減っているので、小さな会社は人を採用するだけでも一苦労。やっと獲得できても、なぜか上からの指示を待つばかりで自発的に仕事をしてくれない人に育っている(実は育てている)。熱心に教えたつもりでも、あっさり辞めてしまう。この「負のスパイラル」にはまってしまい、なかなか抜け出せないのです。

自分で考えて動く社員が成長しないのは社長のせい

 でも、大丈夫です。それを解決する方法があります。しかも、今すぐ始められます。それは「社長自身が社員の成長を心の底から願う」ことです。

 少し考えてみれば、簡単なカラクリだと思いませんか。面と向かって口に出すかどうかはともかく、社長が心の中で「こいつはダメだなあ。仕事ができないやつだ」と社員にレッテルを貼った瞬間に、その社員は成長しなくなります。

 だって成長の可能性を社長に信じてもらえないわけですから。そんな社長の本音を社員は態度からすぐ感じ取ります。

 「俺(私)は期待されていないんだ」と敏感に見抜きます。がっかりして辞めていくか、辞めないまでも最低限の仕事にしか取り組まなくなります。

 つまり、社員が成長しない原因は、社長自身にあるのです。

コメント0

「人が育たない悩みをすっきり解決! 残念な社員が一流に変わるシンプルな仕組み」のバックナンバー

一覧

「「社員が育たない症候群」の原因って一体……」の著者

東川 広伸

東川 広伸(ひがしかわ・ひろのぶ)

自創経営センター所長

1969年大阪府生まれ。大阪産業大学を中退し、電気設備工事会社に勤務した後、リクルートの代理店に入社。その後、化粧品会社やインテリア商社勤務を経て、2004年に自創経営センターを設立、所長に就任

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員