• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

100万円のダース・ベイダー小判が「爆売れ」

田中貴金属ジュエリー「スター・ウォーズ 純金製小判」

2015年12月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月18日に公開されるやいなや、米国とカナダで歴代最高となるオープニング週末の興行収入を記録するなど、世界中で話題を集めている「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。市場を賑わすスター・ウォーズ関連商品の開発現場を取材する本コラムの3回目は、貴金属ジュエリーの老舗GINZA TANAKA(社名:田中貴金属ジュエリー。以下、GINZA TANAKA)が展開する「スター・ウォーズ 純金製小判」を紹介する。米国生まれのSF映画と日本の古い貨幣である小判がどのように結びついたのか、その誕生秘話に迫った。

 5月4日に発売された第1弾は、キャラクターにダース・ベイダーと帝国軍を採用。ダース・ベイダーのシルエットを小判の表面に大きくあしらった「スター・ウォーズ 純金製小判 ダース・ベイダー」(5g・10g・30g)と、ダース・ベイダー純金製小判1枚(30g)とダース・ベイダー率いる帝国軍の機動歩兵ストームトルーパーの純金製小判(5g)10枚がセットになった「スター・ウォーズ 純金製小判額 帝国軍」の2種類を用意した。

 商品化を担当したGINZA TANAKA 工芸品グループマネージャーの土屋博嗣氏は、「最も人気のあるキャラクターからスタートさせたいと思いました。私もスター・ウォーズ・ファンですが、社内にはもっと熱狂的なファンがおりまして(笑)。彼に話を聞いたら、『最初はダース・ベイダーに決まっているだろう!』と言うんです。第1弾のキャラクターは、あっさりと決まりました」。

第1弾として発売した「スター・ウォーズ 純金製小判 ダース・ベイダー」(上)と「スター・ウォーズ 純金製小判額 帝国軍」(下)(写真:© & ™ Lucasfilm Ltd.、以下同)

 9月1日に、第2弾として「スター・ウォーズ 純金小判額 ドロイドセット」を発売。さらに、映画公開直前の12月3日には第3弾「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 純金製小判5g 千両箱セット」を販売開始した。いずれも54セットの限定販売。第1弾は既に完売している。

最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に登場する新キャラクター、カイロ・レンをモチーフにした第3弾「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 純金製小判5g 千両箱セット」

ディズニー生誕110周年でコラボがスタート

 スター・ウォーズの小判をなぜ発売したのか。その背景を探ると2011年に遡る。

 発売元であるGINZA TANAKAは、1892(明治25)年創業の老舗貴金属店。創業者の山崎亀吉は、K18やK24といった金の品位を表す諸規定を日本で初めて立案した人物である。国産初の懐中時計の製造・販売をはじめ、東京オリンピックや大阪万国博覧会などの記念メダルを一手に引き受けるなど、日本の貴金属業界を常にリードしてきた。現在も、GINZA TANAKAは貴金属業界をけん引するブランドとして信頼を得ている。

 GINZA TANAKAとウォルト・ディズニー・ジャパンのコラボレーションが始まったのは2011年。翌年の2012年はウォルト・ディズニーの生誕110周年にあたり、ウォルト・ディズニー・ジャパンでは記念グッズのアイデアを求めていた。そんなディズニーの目に、GINZA TANAKAが扱う「金製品」が留まった。

 GINZA TANAKA取締役常務執行役員の益子守氏は、「当社では金を素材にしたさまざまな商材を展開していたので、ディズニーに興味を持ってもらえたのでしょう。いろいろな展開が考えられましたが、当社からは“小判”を提案。和と洋のミスマッチが面白く、今までにない個性的なディズニーグッズが誕生すると考えたのです」と話す。

 だが、社内からは反対意見が多く出た。「『本当に売れるのか?』という声が多かったですね。それまで和風の純金製小判を製造したことはあったが、西洋のモチーフは初めて。多くの社員は完成形をイメージできず、不安を感じました。ただし、このチャレンジは意義があると考えました。社員の想像力を鍛えるためにも、やってみる価値があると判断したのです」。

 2012年1月2日に販売が開始された「ウォルト・ディズニー生誕110周年記念 純金小判」は、予想を上回る大ヒットを記録。小判は1枚単位で購入できたが、特に50枚の小判がセットになった「千両箱」がよく売れた。5g小判50枚のセットは参考価格213万7500円、10g小判50枚のセットは参考価格405万円。高額商品であったが、資産目的のほか、贈答目的の購入も多く見られた。「孫に贈るために購入する、そんな高齢の方もいらっしゃいました。純金商品は1億円以上の売り上げでヒット商品といわれますが、あっという間にクリアしました」。

 この商品は110周年の記念アイテムであり、期間限定でしか販売できなかったため、定番商品としての小判も開発。ミッキーマウスとミニーマウスの姿をデザインした「ディズニー 純金製小判」は、GINZA TANAKAを代表する看板商品のひとつとして定着している。

 こうしてGINZA TANAKAとディズニーの付き合いが深まるなか、2015年初頭に新たなテーマが持ち上がる。年末に新作の公開が決まった「スター・ウォーズ」だ。GINZA TANAKAではスター・ウォーズのキャラクターをモチーフにした純金小判の商品化に向けて、1月にプロジェクトをスタートさせた。

コメント2件コメント/レビュー

早速オンライン購入してしまいました。もちろん妻には相談せずに... 言い訳はこれから考えます。いい記事をありがとうございました。(2015/12/28 16:21)

「あなたの知らない「スター・ウォーズ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

早速オンライン購入してしまいました。もちろん妻には相談せずに... 言い訳はこれから考えます。いい記事をありがとうございました。(2015/12/28 16:21)

背景に相続税対策もあるのでは。
マイナンバー導入で全ての金融資産は税務当局が把握することになったけれど、例外はモノたる金地金。200万円以上の売買は税務署に報告が行くけれど、それ以下はないとあれば、金を小口にバラして(今は1キロ400万円程度だから数百グラム以下に)保有するのが最良かと。外国の金貨に加えて日本の小判、所詮は金持ちのやることと庶民のため息。(2015/12/28 10:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長