• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

どうやって「一生のテーマ」を選べばいいのか?

最相葉月×池上彰 特別対談(1)

2016年3月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ノンフィクションライター最相葉月さんの新刊『東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』(ポプラ社)は、これまでさまざまな研究者に取材を重ねてきた最相さんが、東京工業大学の学生たちに、「科学者は一生涯を賭けて研究するテーマをどうやって選んできたのか?」を講義したものをまとめた本です。
 最相さんに東工大での集中講義をお願いしたのは、この3月まで東京工業大学教授を務めてきた私(池上)です。東工大の学生たちの多くは研究者になります。彼ら彼女らにとって、何を自分の研究テーマと定めるかはまさに人生の一大事。最相さんに「科学者は生涯を賭けるテーマをどうやって選んでいるのか?」という話を聞いた「東工大生の反応」についてうかがいます。

池上:東京工業大学の講義を『生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』というお題にしたのはなぜですか?

最相:最初は直感的なものでした。私はライターですから専門家ではありません。その都度テーマを決めて取材をして本を書く。それがこの仕事の基本です。一方、科学者の方たちは、毎回テーマが変わる私のようなライターと異なり、自分の中心となる研究テーマを持っていらっしゃいます。まさに「一生を捧げるテーマ」です。じゃあ、そのテーマにはどうやって出会ったんだろうとお聞きすると、人それぞれ違うわけです。最初から自分の中でテーマが決まっていた人もいらっしゃるし、研究者生活を続けるうちにじわじわと「一生を捧げるテーマ」に近づいた人もいらっしゃるし、まったく別のことをやっていたらあるとき突然「一生を捧げるテーマ」に出会っちゃったという人もいらっしゃいました。

池上:テーマに出合う前のプロセスはいろいろあると。

時には、捨てなければいけないことも

最相葉月(さいしょう・はづき)/1963年生まれ。兵庫県神戸市出身。関西学院大学法学部卒。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)、『青いバラ』『星新一 一〇〇一話をつくった人』(講談社ノンフィクション賞、大佛次郎賞、日本推理作家協会賞、日本SF大賞、星雲賞)、『東京大学応援部物語』『ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来』『セラピスト』『れるられる』『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』『辛口サイショーの人生案内』など。児童書に『調べてみよう、書いてみよう』。 (写真:大槻純一、以下同)

最相:その点に関しては、さまざまなきっかけでテーマに出合うノンフィクションライターの仕事に近いところも案外ある。もちろん科学者の生き方は一度研究テーマを「これだ」と決めると一生そのテーマを貫くのが基本ですから、テーマが決まってからの生き方はむしろ逆なのですが。では「一生を捧げるテーマ」をどうやって科学者の方たちは選んだのか興味があったんです。

池上:東工大の学生たちがとても聞きたい話ですね。まさに「生涯の研究テーマを何にすればいいのか?」と悩んでいる人たちがたくさんいるはずです。

最相:私もそう思いました。「生涯を賭けるテーマ」を著名な科学者の方々はどう選んだのか? そこで、実際にこれまで私が取材した科学者や研究者の事例を紹介したり、実際に授業にお呼びしてインタビューしながら学生と一緒に聞くことにしました。
 このテーマを講義に選んだ背景には、研究者の生きづらさを、さまざまな取材を通じて知っていたこともありました。多くの研究者は生涯を賭けて1つのテーマを追いますが、時としてそのテーマを諦めないといけないことがあります。たとえば、自分の師に当たる人との関係が変わることで、それまで没頭していたテーマを追い続けられなくなったり。

池上:恩師とぶつかって、研究できなくなるケース、けっこうありそうです。

コメント7件コメント/レビュー

非難でも苦情でもないんですが、テーマを「選ぶ」という表現が、全然しっくりきませんでした。(現役研究者です。) 選ぶというよりは、たまたま出会ったものを追求したら面白かっただけで、ぜんぜん違うテーマでも、やはり研究者になってたように思います。要は、知的好奇心で面白いものを掘り当てる、という行為そのものが面白いのであって、何を掘り当てるかはどうでも良いわけです。対象そのものに愛着があるわけではない。もちろん、資質や好みがありますから、なんでも出来るというわけではありませんが。■なので、もし学生さんに何か言うとすれば、テーマは見つけようと思う必要はなくて、目の前に転がってきたものが面白そうだと思ったら、掘り進めてみるとよい、ということでしょうか。(2016/03/18 15:07)

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「どうやって「一生のテーマ」を選べばいいのか?」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

非難でも苦情でもないんですが、テーマを「選ぶ」という表現が、全然しっくりきませんでした。(現役研究者です。) 選ぶというよりは、たまたま出会ったものを追求したら面白かっただけで、ぜんぜん違うテーマでも、やはり研究者になってたように思います。要は、知的好奇心で面白いものを掘り当てる、という行為そのものが面白いのであって、何を掘り当てるかはどうでも良いわけです。対象そのものに愛着があるわけではない。もちろん、資質や好みがありますから、なんでも出来るというわけではありませんが。■なので、もし学生さんに何か言うとすれば、テーマは見つけようと思う必要はなくて、目の前に転がってきたものが面白そうだと思ったら、掘り進めてみるとよい、ということでしょうか。(2016/03/18 15:07)

理科系でも,「出会い」によってテーマは変わっていくでしょうね。卒研のテーマは配属された研究室のテーマに依存
するし,学位論文でも指導教員のテーマや学会での存在感の方向性が重要なファクターになります。特に私学では学生に対する教員の数が少ないので成績によっては選択の余地が限られることが多々あります。東大や東工大でも多少はあるのではないでしょうか。実際,東大では理Ⅰから希望の分野に進むのもかなり熾烈な競争があるようですので,同じなのかなという感じですね。ただ,受験競争など,明確な価値基準がある(と思える)競争を無批判に受け入れて順応し,結果を出してきた学生たちに,「自分で考えて,自分の価値観で,自分の責任で」というとパニックになるのではないでしょうか。ある種のいい加減さと柔軟さが初等教育以前の段階できちんと育っていないと適応でき無い学生も出てくるのではないでしょうか。(特に受験エリートの場合に)その意味でも,たいへん意味のある講義ではないでしょうか。(2016/03/18 11:35)

後半、読みながら頷く回数が増えました。「無知の知」というか、そういうものをもっと受け入れる度量が、いかなる領域でも必要な気がします。いわゆる「素人」の素朴な疑問が、真理に最も近かったりしますから。(2016/03/18 00:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授