• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

諜報機関が抱える3つの二律背反

サムスンのインターネットTVを盗聴器に変える

  • The Economist

バックナンバー

2017年3月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の諜報機関にとって2017年は一層厄介な年となっている。内部告発サイトのウィキリークスが3月7日、米中央情報局(CIA)が保存していた膨大な内部文書とみられるものを公開したのだ。CIAが秘密裡に開発を進めていたハッキングツールについて詳細に書かれているとされる。

 これらのツールを使えば、コンピューター、インターネットルーター、電話、そしてインターネットテレビでさえも、遠隔諜報装置に一変させることができる。さらに、アップルのiPhoneやグーグルが開発した基本ソフト(OS)アンドロイドを搭載するスマートフォンなどに侵入し、暗号化される前の文字や音声メッセージを盗み取るツールもある。

 今回公開された9000件近くに及ぶ文書やファイルは2013~16年のもので、ウィキリークスはこれをCIAの秘密「暴露」の第1弾と位置付けている。ウィキリークスによれば、米国政府の元契約職員が一連の情報を含むアーカイブをハッキングし提供した。セキュリティーやサイバー兵器、ウィルス、マルウエアの民主的なコントロールについて「一般の人々の議論」を促すことが目的という。攻撃に使用することも可能なコンピューター・コードの作成にも成功しているとし、議論の行方を見守りたいと述べている。

 ウィキリークスは自らの行動が正当であると主張する。これが結果的に情報当局とドナルド・トランプ政権、そしてシリコン・バレーのテクノロジー企業の関係を、一層緊張したものにすることは間違いないだろう。

 2016年に実施された米大統領選の間、米民主党幹部や同党候補ヒラリー・クリントン氏の陣営の電子メールが大量に流出する事件が起きた。米情報当局の責任者らはオバマ大統領が退任する直前、この事件について、ロシアが米大統領選挙の結果に影響を与える目的で、これらの電子メールをウィキリークスに渡したことを「強く確信する」と結論付けた。

 トランプ氏は投票日の1カ月前、この電子メール漏洩についてウィキリークスを称賛し、「ウィキリークスが大好きだ」とぶち上げた。1月の就任前には、自分を不利な状況に陥れる目的で情報を漏洩したとして米情報当局を非難した。ただし最終的には、民主党の電子メールがハッキングされた事件の背後にロシア政府がいると認めた。

3つのトレードオフ

 国家安全保障局(NSA)契約職員だったエドワード・スノーデン氏が2013年に秘密文書を公開した事件の影響がまだ尾を引いている中で、CIAが関わる新たな情報流出事件が起きた。これは情報当局にとって改めて大きな打撃となる。

 今回の情報漏洩事件により、デジタル時代の諜報活動に関わる幾つかのトレードオフがまたも浮き彫りになった。一つは、政府が高度なコンピューター・セキュリティーを必要としている一方で、セキュリティーの欠陥を探していることだ。政府はサイバー犯罪やハッキングの不安を感じており、高度なセキュリティーを求めている。

 欠陥を探すのは、コンピューターやスマートフォンをスパイ活動のツールとして利用するためだ。民間企業は暗号化技術の強化を図っているが、セキュリティーの穴を埋めることはできていない。スパイが、ターゲットが利用する機器の画面から直接ファイルを読み取ることができれば、それがのちにワッツアップや同様のサービスを介して送信されるかどうかなど、気にする必要がなくなる。

コメント0

「The Economist」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長