• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トランプ長男のメール発覚が示す新事実

透けて見えてきたプーチン大統領の狙い

  • The Economist

バックナンバー

2017年7月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トランプ氏の長男、トランプ・ジュニア氏(右)は昨年の大統領選挙中にロシア政府関係者と会うことに「特別警戒すべきとは当時は考えていなかった」と発言している… (クレジット:ZUMA Press/アフロ)

 「ロシアの検事総長(注*1)が、ヒラリーとロシアの間の取引について、彼女にとって不利になるような公式の文書や情報をトランプ陣営に提供したいと申し出ています。あなたの父親にとって非常に有益な内容です。言うまでもなく高官レベルの機密情報ですが、ロシアとその政府からのトランプ氏に対する支援の一環だそうです」

 2016年6月3日、米大統領選中のドナルド・トランプ氏の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏に宛てたメールでこう書いたのは、英タブロイド紙の記者からフリーの渉外担当に転じた英国人ロブ・ゴールドストーン氏だ。トランプ・ジュニア氏とは、かつてトランプ家が主催していたイベント「ミス・ユニバース大会」で知り合ったという。

注*1 原文は「The Crown prosecutor」とあり、通常は英国の検事を指す。国王がいないロシアにはこの肩書きは存在しないが、ロシアの検事総長を指していると思われると米ニューヨーク・タイムズや英フィナンシャルタイムズなどは報道している。7月11日付けの米ウォールストリート・ジャーナルの記事によると、同紙がゴールドスタイン本人に確認をしたところ、同氏は6月9日のミーティングに出席したロシアの女性弁護士「ナタリア・ベセルニツカヤ氏のこととして書いた」と主張しており、実際には誰のことなのか真実は現時点では判明していない。


昨年6月、クシュナー米大統領顧問もロシアの弁護士と会っていた

 20分後、トランプ・ジュニア氏はこう返信した。「時間がありそうなので、あなたが言うような内容なら、特に夏の終わり頃にその情報が使えたら嬉しいです」。

コメント4件コメント/レビュー

日本の首相もアメリカの大統領も継続が難しそうです。が、もっと問題があると思われるロシアの大統領、フィリピンの大統領、中国の首席はそのまま継続しそうです。こんな世の中でも 一応回っていると言うことは、ある意味救いなのでしょうか。(2017/07/22 20:46)

「The Economist」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本の首相もアメリカの大統領も継続が難しそうです。が、もっと問題があると思われるロシアの大統領、フィリピンの大統領、中国の首席はそのまま継続しそうです。こんな世の中でも 一応回っていると言うことは、ある意味救いなのでしょうか。(2017/07/22 20:46)

アメリカのマスコミも手詰まり感が出てきましたね。
自分の意のままにならない大統領が気に食わないのでしょうが。

日本も同じですね。
いちゃもんつけて、「ない」ことを証明させようとして、報道しない自由を駆使して、なんとか安部おろしをしたいようですが、その後はどうするのかは考えてないようですし。

そんなマスコミにも、フェイクニュースで「ない」ことを証明させなければならないですね。(2017/07/19 14:49)

日本の森友加計が安倍おろしのための言い掛かりであると同様に,トランプおろしのための言い掛かりである.
クリントンは中国マネーでずぶ濡れだろうが,誰も弾劾しない.このことが米国のマスコミがどういう立場にいるのかを物語っている.(2017/07/19 10:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授