• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ポケモンGO」のヒットで任天堂の株価急騰

  • The Economist

バックナンバー

2016年7月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米ミズーリ州にある人口約8万人の町オファロンの警察当局が7月10日、ある声明を発表した。スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」(関連記事「熱狂ポケモンGO、岩田社長の遺志継いだ米企業」)を使って、地元民を餌食にする武装強盗の手口についてのものだ。

ポケモンGOの画面(写真:Abaca/アフロ)

 「『ポケストップ』(ゲームのアイテムが手に入る場所。地図上に設定されている)に(ほかのプレーヤーにこの場所を知らせる)ビーコンを追加すれば、より多くのプレーヤーを集めることができる」

 「明らかに彼ら(強盗団)は、彼らが待ち構えている場所――駐車場の真ん中など――の近くにいる人々の位置を確認するために、このアプリを使っていた」

 この声明の内容がちんぷんかんぷんならば、身近にいるミレニアル世代に聞いてみるのが一番よい方法かもしれない。任天堂が7月6日、米国とオーストラリア、ニュージーランドで配信を開始したゲーム「ポケモンGO」は爆発的ヒットとなっている。

ポケモンとスマホの融合

 「ポケモンGO」は1996年にテレビゲームとして始まったポケモンシリーズの最新作だ。同シリーズはこれまでテレビゲームからカードゲーム、玩具、書籍、テレビアニメ、漫画など様々な分野に展開することで、4兆8000億円の総収益を上げてきた。プレーヤーは仮想空間で展開される楽しい“闘犬”に参加する。ただし、戦うのは犬ではなく、プレーヤーが発見し鍛えたかわいらしい魔法動物たちだ。

 「ポケモンGO」はその舞台を現実世界にも設定する。プレーヤーはスマホによって、様々な場所に導かれる。ある時はポケモンや(前述のポケストップにある)便利なバーチャルアイテムを探すため、またある時は自分のポケモンを戦わせるためにだ。オプションの「拡張現実」機能を使えば、スマホのカメラで映した現実世界の中に、ポケモンに登場するキャラクターの画像を組み込むことができる(冒頭の写真)。

コメント0

「The Economist」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長