• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自動運転の登場で自動車保険に危機

事故の責任はヒト?それともクルマ

  • The Economist

バックナンバー

2016年9月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米ウーバーは無人タクシーの実証実験に取り組んでいる(写真:AP/アフロ)

 自動運転車が普及することで大きな打撃を受けるとみられる業界の1つが、自動車保険業界だ。先進国では自動車保険に強制的に加入させる制度が整っている。事故の9割が人的過失(ヒューマンエラー)によって起きている現状では、過失を犯したドライバーが加入している保険会社が賠償金を支払うこの制度は、合理的に機能している。

 だが自動運転車の普及に伴い、事故は従来の5分の1程度にまで減少すると想定されている。また、事故の原因も、ヒューマンエラーではなくなるだろう。監査法人のKPMGによれば、自動車保険市場は2040年までに6割程度縮小する可能性がある。

 弁護士や保険会社は、事故が自動運転モードで走行中に起きた場合、責任の所在は自動車の持ち主から自動車メーカーに移ると主張している。しかしながら法律事務所のアレン・アンド・オーヴェリーのリチャード・ファーンヒル氏によれば、英国および米国の現在の法制度の下では、最新のソフトウエアへのアップデートを怠った場合、自動運転モードで走行中の事故でも自動車の持ち主が責任を問われる可能性があると言う。また自動車メーカーは責任を部品メーカーになすりつけようとするかもしれない。

責任のなすりつけ合いをなくすには

 果てしない責任のなすりつけ合いと訴訟を避ける最善の方法は、弁護士が“厳格な賠償責任制度”と呼ぶ制度を導入することかもしれない。同制度は、責任は自動車の持ち主にあるとする。保険会社は被害者に迅速に賠償金が支払われるよう手助けしたり、自動車メーカーなどの責任を明らかにしたりする上で、引き続き重要な役割を担うことになるだろう。

 だがそうしたアプローチがとられたとしても、自動運転技術によって事故が起こるリスクが低下することに変わりはない。保険会社は、保険料収入の低下を免れ得ないだろう。

 “厳格な賠償責任制度”はまた、個人が自動車を保有する形態が一般的であり続けることを想定している。だが将来は、一段と強力になった米ウーバーや自動車メーカーが自動運転車をまとめて所有し、運用する形になるかもしれない。そうなれば、個人向けに自動車保険を提供する会社は淘汰され、生き残れるのは事業用自動車保険に特化した保険会社だけになるだろう。

コメント2件コメント/レビュー

そうか、気付いたのは矢張り「自動車」関連の保険業界か。AI時代と雖もロボットの運転者もいない(自動)車は、私たちの概念にある自動車でもなければ自動運転(車)でも既になく、車の機能・性能そのものの概念を以て語られなくてはならない。交通ルールも既存の法規の改正や刷新の継ぎ接ぎでは安心安全の整合性は担保し得ないだろう。動力・機械・機器に空間を備えた物体が公道を威風堂々疾走する図を想像するだに「シン ゴジラ」退治対策の命令系統や実行の難題を引き合いに出すまでもなかろう。IT 社会に進化、深化するから複雑な社会になるのか、複雑な社会が目の前に現れた故、 IT に加勢して貰い尚一層の利便を図ろうかのどっちが問われる。同一労働・同一賃金だの非正規・正規雇用、女性の活力重用云々ではなく、所謂「携帯電話」の発達に伴う各人の生活規範を侵略宜しく、四六時中機器の操作からプログラムの仕様や有効又は損得に絡む領域に及ぶ質疑の通話で個人生活の生活と仕事のシェア、つまり ON- OFF, リセット を万民が遵守する基本理念の欠如が何より昨今の欠陥車然社会を成している。人生の愉しみは生活に ON- OFF, リセットとめりはりをはっきりつける事、これに尽きると考えるが如何。(2016/09/29 10:44)

「The Economist」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そうか、気付いたのは矢張り「自動車」関連の保険業界か。AI時代と雖もロボットの運転者もいない(自動)車は、私たちの概念にある自動車でもなければ自動運転(車)でも既になく、車の機能・性能そのものの概念を以て語られなくてはならない。交通ルールも既存の法規の改正や刷新の継ぎ接ぎでは安心安全の整合性は担保し得ないだろう。動力・機械・機器に空間を備えた物体が公道を威風堂々疾走する図を想像するだに「シン ゴジラ」退治対策の命令系統や実行の難題を引き合いに出すまでもなかろう。IT 社会に進化、深化するから複雑な社会になるのか、複雑な社会が目の前に現れた故、 IT に加勢して貰い尚一層の利便を図ろうかのどっちが問われる。同一労働・同一賃金だの非正規・正規雇用、女性の活力重用云々ではなく、所謂「携帯電話」の発達に伴う各人の生活規範を侵略宜しく、四六時中機器の操作からプログラムの仕様や有効又は損得に絡む領域に及ぶ質疑の通話で個人生活の生活と仕事のシェア、つまり ON- OFF, リセット を万民が遵守する基本理念の欠如が何より昨今の欠陥車然社会を成している。人生の愉しみは生活に ON- OFF, リセットとめりはりをはっきりつける事、これに尽きると考えるが如何。(2016/09/29 10:44)

完全自動運転車でも緊急時対応の手動運転モードを持つものに対しては運転者保険が必要かもね。いろいろと条件が細かくなって面倒くさいだろうなぁ。(2016/09/29 10:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長