• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サウジ、王位継承をめぐる従兄弟同士の戦い

息子を次期国王に据えたいサルマン国王と、立ちはだかる皇太子

2016年9月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サウジアラビアのサルマン国王(中央)と、ムハンマド・ビン・ナエフ皇太子(左)、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(右)(写真:代表撮影/Abaca/アフロ)

 10年前のサウジアラビアでテレビのニュース番組を見たとしたら、画面には王国の未来を守ろうと決意し、改革に熱心な比較的若い王子の姿が映っていただろう。当時、ムハンマド・ビン・ナエフ王子は一族の前面に立ち、サウジにとって最大の緊急課題だったテロリズムの対策にあたっていた。同王子は聡明でマスコミ通なうえ、野心家でもあった。彼が王座に就きたがっていることはほとんど疑う余地がなかった。

 昨年の4月、同王子の叔父にあたるサルマン王が国王に即位してから4ヵ月後、同王子は皇太子となった。これはサウジアラビアがそれまでの伝統と決別したことを示す劇的な出来事だった。

 これまでの国王6人(第2代から現国王まで)はすべて、建国者である初代国王の息子だ。息子たちは今も数人が健在であり、王位継承者の列に加わっている。だが、ムハンマド・ビン・ナエフ王子の立太子により、今後の王位は初代国王の孫世代となる「第3世代」が継承していくことが遂に決定された。こうした経緯があり、現在57歳のムハンマド・ビン・ナエフ皇太子(外交官の間では「MBN」と呼ばれる)が正式な王位継承者となった。

副皇太子が異例の活躍

 だがこの皇位継承順位が少し怪しくなってきたようだ。この1年の間に、「ムハンマド」という同じ名前の別の王子が突如、表舞台に躍り出てきたのだ。ムハンマド・ビン・サルマン王子(「MBS」)である。同王子はサルマン国王の実子で31歳、ムハンマド・ビン・ナエフ皇太子よりもずっと若い。国防大臣と副皇太子の座に就き、現在、サウジアラビアを石油依存体質から脱却させる使命を帯びている。

 革新的な一連の改革を提案して注目を集め、従兄であるムハンマド・ビン・ナエフ皇太子の存在を霞ませるほどの勢いだ。サルマン国王は、ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子を自らの後任者に据えるべく育てているようにも見える。

 しかし、ムハンマド・ビン・ナエフ皇太子も黙って引き下がるつもりはないだろう。同皇太子はこれまでに幾度となくピンチに見舞われた。暗殺されそうになったことも何度かある。

 2003年、同氏は自分の下に投降してきた国際テロ組織アルカイダの指導者を受け入れ、評判を高めた。

 ところが2009年、同様に投降を申し出た人物と会った時には命を落としかけた。暗殺未遂の犯人は更生したとされるテロリストで、直腸に埋め込んでいたと見られる爆弾を、ムハンマド・ビン・ナエフ氏に謁見した際に爆発させた。

 世界の指導者たちが集う国連総会が9月18日から米ニューヨークで開催された。ムハンマド・ビン・ナエフ皇太子はサウジアラビア代表として出席し、「副皇太子が有利になるよう、正式な立場から外されたのでは」という憶測を一掃した。

コメント0

「The Economist」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO