• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マスク氏よ、地球の人類はすぐには滅びない

恐怖からでなく希望を持って挑みたい

2016年10月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米スペースXのイーロン・マスクCEOが9月末、新たなロケットと宇宙船の開発計画を発表した。同氏の動機は、地球滅亡に備えることだ。だが、そもそも地球滅亡の可能性は低い。このような野心的な計画は、もっと前向きに、希望を持って挑むべきだ。

火星への移住計画を発表するイーロン・マスク氏(写真:AP/アフロ)

 火星には死がついて回る。19世紀の終わり、米国の天文学者パーシバル・ローウェルは、この赤い惑星が砂漠化して死にかけていると大衆の多くに信じ込ませた。英国のSF(サイエンスフィクション)作家H・G・ウェルズは『宇宙戦争』の中で、火星人の侵略により地球人が死んでいく様子を描いた。

 米国のSF作家レイ・ブラッドベリの『火星年代記』では、火星人が滅亡した後の火星で、火星人の亡霊に囲まれて暮らす人間たちが、核戦争によって滅びた地球を眺めていた。

 現実の科学もSF小説より明るい話題を提供するわけではなかった。火星はかつて暖かく湿度も高かったが、現在は寒く、クレーターだらけで、ほとんど空気がないことが宇宙探査で明らかになっている。

家を買う程度の費用で火星に行けるように

 このため、火星で新生活を始めるという夢はこれほど胸をざわつかせるのだろう。起業家のイーロン・マスク氏はこの夢を実現するために、ロケット会社スペースXをゼロから立ち上げた。

 同氏は9月27日、2つの新たな計画の概要を明らかにした。一つは、米国のアポロ計画で使用されたロケット「サターンV」をはるかに上回る巨大ロケットを開発すること。もう1つは、約100人を乗せることができ、軌道上でも火星の上でも燃料補給ができる宇宙船の開発だ。こうしたインフラが整えば、いずれ何千人という移住者が1人20万ドル(約2000万円)で火星に行けるようになると同氏は語った。この金額は米国の住宅価格の中央値とほぼ同じだ。

 このような驚くべきことを10年やそこらで実現するのは、火星の軌道に半分到達するのと同様に難しい。しかし、その野心的な計画は、なんとも魅力的だ。

火星の植民地は地球滅亡への備え

 マスク氏の意欲の一部が、根拠のない恐怖から生まれているのは奇妙なことだ。彼は火星の植民地を、地球を襲う滅亡に備える策だと説明する。

 SFファンは昔から、こうした類の危機への不安に慣れ親しんできた――1950年代、英国のSF作家アーサー・C・クラークはファンたちにこう語りかけた。「地球に閉じこもった人類は、やや脆弱な一つのかごに、あまりに多くの卵を入れているようなものだ」。これに同意する者もいる。

 有名な物理学者のスティーブン・ホーキング氏もこうした精神的不安に襲われている1人だ。人類がもしたった一つの惑星にしがみついていれば、スーパーウイルスや邪悪な人工知能(AI)、核戦争の格好の標的になる、と彼は警告している。どれも、いつでも人類の大半を滅ぼしかねない存在だ。

コメント3

「The Economist」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長